エンタメの日々 ドラマ

ドラマ恋マジのロケ地は東京のどこ・キャストと松村北斗の目撃情報や動画

2022年の4月スタートの春ドラマ、『恋なんて、本気でやってどうするの』、略して『恋マジ』!

長いので『恋マジ』です。

さわやか~なドラマではなく、いろんな悩みやクセを持つ男女たちの物語。複雑な過去や気持ち・葛藤が入り乱れたドラマでした。

コチラの記事では
恋マジがいつからいつまでか
キャスト一覧
動画やあらすじのまとめ

更にはロケ地
松村北斗さんや広瀬アリスさんの撮影目撃情報
などもリサーチです!

 

もくじ

恋なんて、本気でやってどうするの 概要 いつから放送

ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの』
2022年4月18日(月)~6月20日(月)

放送日時:毎週月曜 夜10時~

放送局:カンテレ/フジテレビ系

公式HP
公式ツイッター
公式インスタグラム
公式LINE
公式TikTok

▼原作や脚本についてはコチラ
恋マジ原作はあるのか脚本家は誰か

恋なんて、本気でやってどうするの キャストとコメント

桜沢純(さくらざわ じゅん)・・・広瀬アリス

長峰柊磨(ながみね しゅうま)・・・松村北斗(SixTONES) 

清宮響子(きよみや きょうこ)・・・西野七瀬

真山アリサ(まやま ありさ)・・・飯豊まりえ

内村克己(うちむら かつみ)・・・岡山天音

竹内ひな子・・・小野花梨

横井めぐみ・・・安藤ニコ

青田課長・・・長田成哉

岡 真奈美・・・牧野莉佳

木下健吾・・・三浦獠太

大津浩志・・・戸塚純貴

清宮敏彦・・・味方良介

田辺良和・・・アキラ100%

坂入拓人・・・古川雄大

中川岬希・・・香椎由宇

岩橋要(いわはし かなめ)・・・藤木直人

広瀬アリスさんと松村北斗さんが本気のラブストーリーに挑戦です。

西野七瀬さんと藤木直人さんの出演が発表されました。

+ 広瀬アリス コメント

ドラマのオファーを頂いたとき、正直、“マジか~!”と思いました。これまでさまざまな作品に出させていただいたんですが、この作品のようにがっつりしたラブストーリーはあまり経験がなくて…思わず現場で照れ笑いしてしまいました(笑)。私が演じる桜沢純は、恋愛経験がゼロなのに「もう恋愛なんて別に私の人生にはいらないの」って言っているような恋愛をこじらせた女性。でも、仕事はちゃんとやっていて充実しているし、後輩もいるし、上司からは信頼されている。でも、友達と会っているプライベートの時は、弱さも出しながらスイッチを切り替えている実はどこにでもいそうな女性。思ったことをうまく表現できず素直になれない。そんな不器用な部分は私自身、純に似ているなと感じました。
共演する松村さんは、以前、学園ドラマで共演して9年ぶりくらいになりますが、テレビで見ているときはキラキラしたイメージですが、すごく落ち着いていて柊磨にぴったり。台本で読んでいた時の柊磨は、ミステリアスでちょっと無機質という印象もありましたが、松村さんがそれに息を吹き込むことによってすごく人間らしくて、もちろんかっこよくて、ミステリアスがより一層増して、とても魅力的だなと思いました。
3組の男女の恋愛を軸にラブストーリーが展開されていきます。その微妙な変化、人間の変化、恋愛心の変化っていうのも見ていただきたいですし、友達との距離感っていうのも、「あ、こんなことで!」とか「こういうことで仲良くなれるんだ!」とか「こういうときに支え合うんだ!」とか、そういうことも改めて考えさせられるのではと思います。
あとは個性豊かなキャラクターが本当にたくさん出てきて、ドラマ自体もスピーディーに進んでいくので、ずっと楽しめるドラマだと思います。

+ 松村北斗 コメント

広瀬さんとは初共演から約9年ぶりで、当時一緒のシーンが多かったので結構しゃべっていたんですが、このドラマに入るときは久しぶりだから僕自身もギア入れなきゃと思って、初日から広瀬さんと積極的に話しました。僕自身、撮影現場では広瀬さんにリードしてもらってばかりですが、広瀬さんもゆだねているって話されていたので、互いに支えあって撮影が進んでいる感じです。
僕が演じる柊磨はギャルソンで接客業でもあるので、広瀬さん演じる桜沢純や監督と話しながら、会話の仕方や受け答えを探りながら演じています。台本での純は、こうかな?と予想した逆をいく女性。柊磨からすれば自分の想像の中に収まらない不思議な相手。柊磨は人を翻弄している方が楽で、翻弄されることから逃げているはずなのに、不思議な存在の純が気になってしまう。恋に本気になれない純を広瀬さんが演じることですごく個性的で魅力的になっています。
登場人物全員が全く被らない個性を持ちつつ、何か同じ悩みというか、そういう共感性を持ち合わせた6人が集まったり、それぞれに恋愛をしたりとかすごく個性豊かな物語になっていると思いますので、ぜひ、楽しんで見ていただければと思います。

+ プロデューサー・米田 孝(カンテレ)コメント

このドラマ、広瀬アリスさんがとにかく新鮮です。ご本人がおっしゃる通り、意外にこういう“がっつりラブストーリー”の経験がそんなに多くない彼女が、現場で照れながら、しかし研究熱心に、一つ一つの心の動きを丁寧に演じる姿は、“新しい広瀬アリス”の魅力が爆発しています!是非、彼女が演じる不器用でこじらせまくった桜沢純を応援してあげて下さい。そして恋のお相手となる松村北斗さんが、優しくて、危険で、ミステリアスで、とにかくカッコいい!記憶に新しい朝ドラの“稔さん”ともまた違った魅力がダダ漏れ。男女問わずみんなが好きになってしまう長峰柊磨の魅力を、是非体感して下さい。
無意識のうちに人と向き合うことを避け、恋から逃げてきた6人の男女が、いつの間にか恋に落ちて“心の距離ゼロ”でぶつかり合う本気のラブストーリーをお届けします。あと4人、物語の中心となる豪華出演者陣は近日発表!そちらもお楽しみに!

+ 飯豊まりえ コメント

ドラマ出演のお話を頂いた時に、天音くんが恋の相手だと伺ってすごく楽しみでした。以前、共演させていただいて、投げたボールをなんでも返してくれるという絶対的な安心感があります。その作品はプラトニックな恋愛だったんですが、今回はキスシーンもあるので少し緊張はしています。
アリサはすごく純粋な人で、だからこそ一本気に接してくれる克巳にひかれていく。克巳は空気を読めなくて、言いたいことをすぐ言ってしまうんですけど、一方で人のことをちゃんと見て観察している人。何気ない日常も「それステキだ!」って気づかせてくれるような人。アリサだけじゃなくて私自身もひかれていきました。また、克巳という役柄を優しい天音くんが演じていることで、台本以上にカッコよくなっていると思います。

+ 岡山 天音 コメント

久しぶりの共演ですが、飯豊さんがいるだけで現場が明るくなるポジティブな印象は変わっていないです。例えば、スタジオで朝から晩まで撮影していて現場に疲れた空気が漂ってきた時に、飯豊さんの発案で、急にみんなでスタジオの周りを走ったり。ビックリしたけど、それで現場の空気が変わってみんなの距離が縮まりました。そんな風にいつもみんなを気にかけて声をかけてくれる人です。
克巳は、生きてきた世界が違うアリサと出会って、すごく世界が更新されていく感じ。飯豊さん自身も人に良い影響を与える方でアリサにすごく通じる部分を感じました。アリサはいつもポジティブな空気を放っているし、すごく純粋に人を好きにもなるけど、実は心に傷があって素直になれなかったり、思っていることの逆を言ったりする、ドラマの中で一番人間味を感じる女の子。そんなところにも注目してみて欲しいですね。

情報引用元:ドラマ公式HP

恋なんて、本気でやってどうするの 動画とあらすじ

「恋なんていらない!」こじらせ女子VS「来る者拒まず」刹那主義男子
アンバランスな2人の出会いによって巻き起こる本気の恋……!?

桜沢純(広瀬アリス)は、洋食器メーカー「相良製陶」で若くしてチーフを務めるデキるデザイナー。さらにファッションや食べ歩きなど趣味も充実し、親友との女子会ではぶっちゃけトークでいつも盛り上がる。そんな充実した東京ライフで自分のペースを乱したくない彼女の信条は「恋なんて、人生のムダ!」。27歳にして恋愛経験、男性経験ゼロでこじらせているように見えるが、「恋なんて不確かなもので、心も時間も無駄にしたくない」という彼女のスタンスは明確。頑ななまでのその思いの裏には、実はある理由が隠されている……。
そんな純が出会ったのは、フレンチビストロ「サリュー」のギャルソン兼見習い料理人の長峰柊磨(松村北斗)。目を見張るほどのイケメンな上に、女性の心をつかむ言葉や表情、言葉遣いは天才的。恋愛は刹那主義で、店の客とも適度に関係を持つ危険な男。しかしそれはどこか、空っぽな自分の内面を押し隠しているようで……。

揃って“本気の恋なんていらない”と思っている2人の出会いが、お互いに変化をもたらしていく。アンバランスな2人の恋の行方は……!?
さらにあと4人、“恋に本気になれない”男女が登場する6人の群像ラブストーリー!!
出演者発表第二弾の響子と要は、2月5日(土)解禁予定!!
「恋マジ」には、純と柊磨に負けず劣らず“恋に本気になれない”あと4人の男女が登場。
安定志向な“早婚レス妻”の清宮響子、謎だらけの“ワケありミステリアスシェフ”岩橋要、恋はコスパが命の“パパ活女子”真山アリサ、不思議系陰キャ男子・内村克己。個性豊かなキャラクターを一体誰が演じるのか?

+ 1話 動画+あらすじ

桜沢純(広瀬アリス)は、食器ブランド『相良製陶』の洋食器デザイナー。大事な展示会の仕事を任されるなど若きチーフとして上司からの信頼も厚いが、一方では、アラサーでありながら恋愛経験ゼロ。その上、結婚どころか恋愛への興味もゼロ。仕事も趣味も充実しているから恋なんていらない、が彼女のポリシーなのだ。
ある日純は、街中でふと目にとまったフレンチビストロ『サリュー』で一人ランチを楽しむ。その店は、イケメンのギャルソン・長峰柊磨(松村北斗)目当てに女性客が殺到する人気店なのだが、食べるのが大好きな純は柊磨に目もくれず、シェフの岩橋要(藤木直人)が作った料理に舌鼓をうち、仕事柄使っている食器のチェックにも余念がない。
後日、親友2人と女子会で再び店を訪れた純は、初めて柊磨の顔面偏差値の高さに気づく。しかし、色めき立つ主婦の清宮響子(西野七瀬)とアパレル店員の真山アリサ(飯豊まりえ)をよそに、純は柊磨にまったく興味を示さない。それどころか、「私の人生に恋愛みたいな不確定要素はいらない」と豪語し、2人をあきれさせる。ところが、そんな彼女に興味を持った柊磨の“ある言葉”に、純は思わずドキッとさせられて…。
そんな中、純は会社の元先輩で、今はネイルサロンを経営している中川岬希(香椎由宇)から、営業の坂入拓人(古川雄大)が転勤先のシンガポールから戻ってくると聞かされる。拓人は高校時代の部活の先輩で、入社後に偶然再会した、純のかつての“推し”だった——。
一方、コンビニ店員の克巳(岡山天音)は、パパ活中のアリサを目撃してしまう…。

+ 2話 動画+あらすじ

失恋した純(広瀬アリス)は、「泣いていいよ」という柊磨(松村北斗)の胸で激しく泣きじゃくるが、翌日になると、やさしい言葉にほだされて弱みを見せた自分が急激に恥ずかしくなる。
そのうえ、偶然にも同僚たちと『サリュー』でランチすることになり、純は柊磨の顔をまともに見ることができない。
その夜、アリサ(飯豊まりえ)と響子(西野七瀬)を呼び出し、柊磨に抱きしめられ部屋に誘われたことを報告していると、高校時代のラクロス部の元チームメート・大津浩志(戸塚純貴)から電話がかかってくる。今は地元・福岡のホテルで働いていて出張で東京に来ていると話す大津と合流した一同は、久々の再会に盛り上がる。なかでも純と大津は昔から妙に気が合い、純にとっては居心地のいい相手。恋愛の可能性を全く感じさせない”安心安全男子”としてみんなに親しまれていた大津だったが、実は純に対して秘めた思いがあるようで・・・。
一方、アリサはパパ活相手の田辺(アキラ100%)に約束をドタキャンされ、イライラしていた。
いつも立ち寄るコンビニの店員・克巳(岡本天音)が自分に好意を寄せていると気付いたアリサは、田辺に「おわびに」ともらった万札を突き出し、「今夜私につきあって」と家に誘う。
純は大津の頼みで、近々開かれる同窓会の幹事を手伝うことになり、会場となる『サリュー』を訪れる。そこでもあくまで「恋愛なんていらない」と主張する純に、柊磨は失恋の傷を癒すために自分と”お試しの恋”をしないかと持ちかける。話を聞いたアリサは、初体験を済ませるためにも渡りに船だと大賛成。「アイツだけはダメ!」と拒否する純に、だったら大津はどうかと響子が提案して・・・。
そんな波乱含みの同窓会の場で、響子は偶然、シェフの要(藤木直人)と二人きりになる。

+ 3話 動画+あらすじ

大津(戸塚純貴)に気持ちを見透かされ、初体験に失敗した純(広瀬アリス)は、勢いにまかせて柊磨(松村北斗)の部屋を訪ね、「やってやろうじゃない、お試しの恋愛!」と息巻く。シャワーを浴びて半裸の柊磨とベッドに並んで座った純は…。

翌朝、目を覚ました純は、柊磨を訪ねてきた意外な人物と鉢合わせ、柊磨の思わね一面を知ることに。会社では、島(星田英利)から展示会に出すデザイン案の模型が上がってくるが、めぐみ(安藤ニコ)の斬新なアイデアに比べ、自分の案は型通りでオリジナリティーに欠けると、納得がいかない純。結局、時間がないなか、もう一度考えて新しい案を出そうと決意する。

そんななか、柊磨から突然デートに誘われた純は、アリサ(飯豊まりえ)と克巳(岡山天音)を巻き込んでダブルデートをすることに。柊磨のエスコートに、「恋なんていらない」という思いとは裏腹にドキドキとキュンが止まらない純。そんなダブルデートが純の仕事にも思わね影響をもたらす…。

一方、夫との間に不協和音が生じ始めた響子(西野七瀬)は、ひょんなことからサリューで要(藤木直人)と二人になり——。

+ 4話 動画+あらすじ

柊磨(松村北斗)との関係をにおわせるひな子(小野花梨)のSNSが気になって仕方ない純(広瀬アリス)。しかし、面と向かって二人の関係を問いただす勇気もなく、純はモヤモヤした気持ちを胸に、柊磨を避けるようになってしまう。

一方で、展示会に向けたデザインも、納期を目前に行き詰っていた。何もかも思うようにいかず、焦りばかりが募っていたある晩、突然差し入れを持った柊磨が残業中の純を訪ねてくる。優しく的確な気遣いが心に刺さるが、素直になれない純は仕事に没頭する。そんな純を見た柊磨は、あるアドバイスを送る。

自分が柊磨に遊ばれている―—、その疑念は晴れないものの、どこかで柊磨の優しさを信じたい純は、意を決し、ひな子のにおわせが真実かどうか確かめるような質問を柊磨にぶつける。それに対し、柊磨の答えは…。

響子(西野七瀬)は、結婚記念日に約束をすっぽかした夫に代わって一緒に食事をしてくれた要(藤木直人)に、恋にも似た淡い感情を抱き始めていた。気づくと、一人でランチを食べに『サリュー』へ。
アリサ(飯豊まりえ)もまた、レンタル彼氏の克巳(岡本天音)から、「本物のデートをしてみませんか?」と誘われて…。

+ 5話 動画+あらすじ

思いが通じ合い、ついに結ばれた純(広瀬アリス)と柊磨(松村北斗)。味わったことのない幸福感で満たされた純の頭の中は柊磨でいっぱい。仕事にも身が入らず、まるで別人のようになる。その頃、克巳(岡山天音)とキスを交わしたアリサ(飯豊まりえ)もまた、2人の関係を一歩先に進めようとしていた。ところが、アリサに押し倒された克巳の口からは思わね言葉が飛び出して…。

響子(西野七瀬)は、仕事の鬼だった純が恋に夢中になっている姿を見て、どこかうらやましく感じる。そして思わず、アリサにだけ、要(藤木直人)に憧れて『サリュー』に通っていることを打ち明ける。響子のはかない思いを知ったアリサは、2人の距離を近づけるため、夫の敏彦(味方良介)が不在のときに、料理の手伝いを口実にシェフの要を家に呼び、ホームパーティーを開いてはどうかと提案する。

一方、柊磨との恋に幸せをかみしめていた純だったが、ふと、柊磨が誰にでもやさしい性格であることを思い出し、不安がよぎる。店にやって来たひな子(小野花梨)への態度も以前と変わらない柊磨を見て、”恋のやり方”が分からない純は…。

+ 6話 動画+あらすじ

テーブルウエアの展示会が開かれ、純(広瀬アリス)がデザインした器はその斬新さと美しさで大好評に。会場には柊磨(松村北斗)も姿を見せ、拓人(古川雄大)が純の部下の前で2人が付き合っていることをほのめかすが、思わず純はそれを否定してしまう。その様子が気になる拓人は、後日会社で純に声をかけて…。

同じ頃、「サリュー」にはオーナーがふらりとやって来て、突然、店を閉めると言い出す。どうやら、要(藤木直人)の過去が関係しているらしい。納得できない柊磨は反対するが、要本人は意外にもオーナーの通告をあっさり受け入れ、早速、働き口を探し始める。
要が店を空けることが多くなり、柊磨が自ら厨房(ちゅうぼう)に立つが、料理の提供が遅れるなど店は混乱。偶然ランチに訪れた純は、その様子を見て柊磨を心配し「力になりたい、もっと甘えてよ」と声をかける。しかし柊磨は本音で話そうとせず、純は柊磨のことをまだ理解できていない自分を感じる。店に不安が覆う中、毎年恒例の貸し切りパーティーで柊磨に最大のピンチが訪れて…。

一方、純から「サリュー」閉店の話を聞いてショックを受ける響子(西野七瀬)に、アリサ(飯豊まりえ)は要に会いに行くべきだと背中を押す。要は響子に、ついに自分の過去を打ち明ける——。

+ 7話 動画+あらすじ

ギャンブル依存症で施設に入っていた柊磨(松村北斗)の母・真弓が施設を抜け出し、柊磨の元へやって来る。本人の強い希望で、しばらく柊磨の家で同居することになるが、奔放なキャラクターの奥に潜む息子への底知れぬ愛と自分に対する強い敵意を感じた純(広瀬アリス)は不安を覚える。

一方、響子(西野七瀬)は週に1回『サリュー』の厨房(ちゅうぼう)で要(藤木直人)から料理を教わっていた。たとえ恋人になれなくても、2人の時間にささやかな幸せを感じていた響子。しかしその矢先、要の過去がネットニュースで取り上げられ、何も知らなかった純やアリサ(飯豊まりえ)はぼうぜん。店のオーナーである柊磨の父・次郎は、もはや店の存続は困難だと考えすぐに閉店すると宣言。しかし、何としても店を残したい柊磨は次郎にある提案を持ちかける------。

案の定、『サリュー』は”前科者のシェフがいる店”というレッテルを貼られ、客足が遠のいてしまう。責任を感じた要は、店がつぶれる前に辞めると言い出すが、なんとか打開策を模索していた純が、イチかバチかのある作戦を思いついて…。

+ 8話 動画+あらすじ

店をリニューアルオープンして一発逆転を狙った純(広瀬アリス)の作戦が功を奏し、サリューには客足が戻ってくる。柊磨(松村北斗)が店を買い取る条件として、オーナーの次郎(小市慢太郎)が提示した売上目標も、達成まであと少しと迫る。そんなある日、純が同僚とサリューへランチを食べに行くと、店では真弓(斉藤由貴)がホール係として働いていた。柊磨は本人の希望と人件費節約のためだというが、真弓はどう見ても足手まとい。再び店の評判が落ちることを危惧した純は、柊磨に「やめさせたほうがいい」と忠告するが、それが原因で2人の間には不穏な空気が漂い始める。

幼い頃から苦しめられ、縁を切るほど母親をいみ嫌っている純は、真弓を決して見捨てようとしない柊磨に複雑な思いを抱くが、拓人(古川雄大)から幼い頃の柊磨の驚くべき話を聞いて、自分から真弓に歩み寄ろうと決意。しかし、そんな純の態度は真弓の母心を逆なでしてしまい…。

一方、田辺(アキラ100%)の妻から慰謝料を請求されたアリサ(飯豊まりえ)は、合わせる顔がないと克巳(岡山天音)を避け続けていた。夫に離婚を宣言した響子(西野七瀬)もまた、偶然、家族と一緒にいる要(藤木直人)を目撃してショックを受けるが、それでも自分の気持ちを抑えきれなくなり…。

+ 9話 動画+あらすじ

サリューにやって来た謎の美女・佐藤沙羅デュビビエ(藤原紀香)は、かつて要(藤木直人)がパリで世話になったパトロンだった。沙羅は、突然いなくなった要をずっと探していたと言い、「パリに帰りましょう」と、新たに開業するレストランに要を誘う。要への想いが実り、ささやかな幸せを感じていた響子(西野七瀬)は、2人の関係にショックを受け、要を公私ともに支えられる沙羅に圧倒的な敗北感を覚える。

柊磨(松村北斗)は、要のシェフとしての未来を思い、パリに行ってほしいと告げる。本当はその言葉とは裏腹に、純(広瀬アリス)に加えて要もいなくなることが寂しくて仕方ないのだが、その思いを素直に口にすることができない。幼い頃から、大切な人が自分の前からいなくなる経験を繰り返してきた柊磨は、引き止めて傷つくことが怖いのだ。

純もまた、柊磨からの拒絶に大きなショックを受けながらも、その思いを断ち切ることができずにいた。そんな中、以前と変わらない安心感を与えてくれる大津から思いもよらぬことを言われる。さらに時を同じくして、上司から呼び出された純が告げられたのは…。

その頃、克巳(岡山天音)に別れを告げたアリサ(飯豊まりえ)は、田辺(アキラ100%)の妻に慰謝料を支払うため、キャバクラでアルバイトを始めていた。そのことを知った克巳は…。

+ 10話 動画+あらすじ

久々の女子旅に出かけた純(広瀬アリス)、響子(西野七瀬)、アリサ(飯豊まりえ)の3人。温泉においしい料理と全てから解放された気分を味わうが、響子とアリサが眠った後、純は一人、柊磨(松村北斗)と最後に会った日のことを思い出す。

柊磨との”本気の恋”を諦め、彼と出会う前の自分に戻ろうとする純。一方、そんな純に対する自分の思いに気づいた柊磨は、こみあげる感情を抑えきれず、純のもとへと駆け出した。しかし、すでに純の隣には大津(戸塚純貴)の姿が。それでも、純の気持ちを確かめるように素直な気持ちを打ち明ける柊磨に純が出した答えは…。

一方、恩義のある沙羅(藤原紀香)からのパリへの誘いを断り、日本に残る決意をした要(藤木直人)は、沙羅を店に呼び、柊磨と2人で作った料理を食べてもらうと言い出す。サリューの味で勝負して、沙羅に納得してもらいたいという。サリューの運命を左右する大事な日を前に、何とか力になりたいと克巳(岡山天音)は、響子に1本の電話をかける。

恋愛経験ゼロなんてお構いなし、恋に臆病な自分を隠すために”おひとりさま”のよろいをまとい、「恋なんて人生のムダ!」が口ぐせだった純。一方、大切な人が自分のもとから去っていった過去の経験から、人に期待をしない刹那恋愛主義者だった柊磨。2人が最後に選んだ道は…⁉
恋に本気になれなかった6人の男女が、それぞれの結末を迎える。

情報引用元:ドラマ公式HP

動画配信は

恋マジは動画配信サイト「U-NEXT<ユーネクスト>」で見ることができます!

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

恋マジ U-NEXT

U-NEXTで見れる広瀬アリスさん出演作品がこちら
『探偵が早すぎる』『新宿スワンⅡ』『地獄の花園』

松村北斗さん出演作品はこちら
『パーフェクトワールド』『ライアー×ライアー』『坂道のアポロン』

他にも出演作品はたくさん!

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

恋なんて、本気でやってどうするの 撮影場所・ロケ地

撮影の目撃情報が2021年の10月頃に出ており、ドラマが放送されていたころには撮影が終わっていたようです。

代官山

代官山で撮影が行われていたようです。

目撃されている「マダムトキ」がこちら

白金高輪駅

神奈川県横浜市 日本丸メモリアルパーク

予告動画で松村北斗さんと広瀬アリスさんが手を繋いでいたシーンで、神奈川県横浜市にある「日本丸メモリアルパーク」で撮影されていたようです。

【住所】神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目1-1
Googleマップ

放送が始まり詳しいことがわかったらこちらで更新していきます。

東京都渋谷区 VINIVINI LUXE(第1話~)

桜沢純(広瀬アリス)が食器の写真を撮っていたショーウィンドウは、東京都渋谷区にある「VINIVINI LUXE」でした。

【Instagram】https://www.instagram.com/viniviniluxe_tokyo/

【住所】東京都渋谷区代官山町14-20
Googleマップ

東京都港区 品川シーズンテラス(第1話~)

純が歩いていたマルシェのシーンは、東京都港区にある「品川シーズンテラス」でっ撮影されていました。

【HP】https://shinagawa-st.jp/

【住所】東京都港区港南1丁目2-70
Googleマップ

東京都渋谷区 Ms.REIKO(第1話)

「フレンチビストロ サリュー」の看板があった場所は、東京都渋谷区にある「MS.REIKO」付近でした。

【HP】https://www.msreiko.co.jp/

【住所】東京都渋谷区鉢山町13-12
Googleマップ

東京都千代田区 テラススクエア(第1話)

純が働いている「相良陶器」は、東京都千代田区にある「テラススクエア」が使われていました。
送別会の写真に写っていたのもこの場所でした。

【HP】http://www.terrace-square.jp/

【住所】東京都千代田区神田錦町3丁目22
Googleマップ

東京都渋谷区 ファンコミュニケーションズ(第1話)

「相良陶器」のオフィスとして使われていたのは、東京都渋谷区にある「ファンコミュニケーションズ」でした。

【HP】https://www.fancs.com/

【住所】東京都渋谷区渋谷1丁目1-8
Googleマップ

東京都港区 ユナイテッドシネマ アクアシティお台場(第1話)

純と響子、アリサが映画を観ていた映画館は、東京都港区にある「ユナイテッドシネマ アクアシティお台場」でした。

【HP】https://www.unitedcinemas.jp/odaiba/index.html

【住所】 東京都港区台場1丁目7-1
Googleマップ

東京都江東区 春海橋公園(第1話)

純と響子とアリサが観ていた映画の中のワンシーンんで登場していたのは、東京都江東区にある「春海橋公園」でした。

【住所】東京都江東区豊洲2丁目3
Googleマップ

埼玉県比企郡 旧出丸小学校(第1話)

純や響子、アリサが通っていた高校でラクロスの試合に負けたシーンで登場していたグランドは、埼玉県比企郡にある「旧出丸小学校」が使われていました。

【住所】埼玉県比企郡川島町上大屋敷100
Googleマップ

東京都武蔵野市 PAL(第1話)

内村克巳(岡本天音)がアルバイトをしているコンビニは、東京都武蔵野市にある「PAL」でした。

【住所】東京都武蔵野市吉祥寺北町4丁目12-25
Googleマップ

東京都目黒区 DEPT(第1話)

ネイルサロン「Ambarvalia」の外観は、東京都目黒区にある「DEPT」の2階でした。

【住所】東京都目黒区青葉台1丁目13番
Googleマップ

東京都世田谷区 Mr.FARMER 駒沢公園店(第1話~)

純と響子、アリサが話をしていたカフェは、東京都世田谷区にある「Mr.FARMER 駒沢公園店」でした。

【HP】https://mr-farmer.jp/ja/

【住所】東京都世田谷区駒沢公園1丁目1-2
Googleマップ

東京都足立区 ベニースーパー佐野店(第1話)

岩橋要(藤木直人)が買い物をしていたスーパーは、東京都足立区にある「ベニースーパー佐野店」でしょう。

【住所】東京都足立区佐野2丁目27-10
Googleマップ

東京都荒川区 ジョイフル三ノ輪(第1話)

要が謎の男性から逃げていた商店街は、東京都荒川区にある「ジョイフル三ノ輪」でした。

【住所】東京都荒川区南千住1丁目18-5
Googleマップ

東京都渋谷区 タワーズレストラン クーカーニョ(第1話)

純が坂入拓人(古川雄大)から結婚の報告を受けたホテルのレストランは、東京都渋谷区にあるセルリアンタワー東急ホテルの「タワーズレストラン クーカーニョ」でした。

【HP】https://www.tokyuhotels.co.jp/cerulean-h/restaurant/coucagno/index.html

【住所】東京都渋谷区桜丘町26-1
Googleマップ

東京都府中市 ハウススタジオ和洋空間(第1話)

純が幼少期に住んでいたアパートのシーンは、東京都府中市にある「ハウススタジオ和洋空間」のアパートが使われていました。

【HP】https://www.hs-showa.com/

【住所】東京都府中市西府町2丁目12-9
Googleマップ

東京都中央区 GINZA ROOTS TOKYO(第1話)

拓人の結婚式の二次会の会場は、東京都中央区にある「GINZA ROOTS TOKYO」でした。

純のモノマネが印象的でしたね。

【HP】https://roots-tokyo.owst.jp/

【住所】東京都中央区銀座2丁目4-18
Googleマップ

東京都渋谷区 ヒルサイドウェスト(第2話)

純が横井めぐみ(安藤ニコ)と坂入拓人(古川雄大)に会ったシーンは、東京都渋谷区にある「ヒルサイドウェスト」の前で撮影されていました。

【住所】東京都渋谷区鉢山町13-13
Googleマップ

東京都港区 ホテルメルパルク東京(第2話)

大津浩志(戸塚純貴)が女子会中の純に電話をかけていたホテルの部屋は、東京都港区にある「ホテルメルパルク東京」でした。

【HP】https://www.mielparque.jp/tokyo/

【住所】東京都港区芝公園2丁目5-20
Googleマップ

東京都千代田区 WATERRAS(第2話)

純と大津が響子とアリサを見送ったシーンは、東京都千代田区にある「WATERRAS」で撮影されていました。

【HP】https://www.waterras.com/

【住所】東京都千代田区神田淡路町2丁目101
Googleマップ

東京都渋谷区 JINNAN CAFE 渋谷(第2話~)

アリサが田辺良和(アキラ100%)に謝られてドタキャンされたカフェは、東京都渋谷区にある「JINNAN CAFE 渋谷」でした。

【HP】http://jinnancafe.com/shibuya/

【住所】東京都渋谷区神南1丁目17-5
Googleマップ

愛知県名古屋市 鳴海製陶株式会社(第2話)

相良陶器の陶器工場は、愛知県名古屋市にある「鳴海製陶株式会社」でした。

【HP】https://www.narumi.co.jp/

【住所】愛知県名古屋市緑区鳴海町伝治山3番地
Googleマップ

神奈川県逗子市 神武寺駅(第2話)

純とめぐみが話していた駅は、神奈川県逗子市にある「神武寺駅」でした。

【住所】神奈川県逗子市池子
Googleマップ

東京都渋谷区 代官山アドレス・ディセ(第3話)

純と坂入が歩いていたシーンは、東京都渋谷区にある「代官山アドレス・ディセ」のアドレスモールでした。

【HP】https://www.17dixsept.jp/

【住所】東京都渋谷区代官山町17-6
Googleマップ

神奈川県横浜市 大型原油輸送船「高岡丸」の錨(第3話)

純と柊磨がアリサと内村を待っていた場所は、神奈川県横浜市にある大型原油輸送船「高岡丸」の錨でした。

【住所】神奈川県横浜市中区新港2丁目1
Googleマップ

神奈川県横浜市 汽車道(第3話)

純と柊磨がアリサと内村の後ろ姿を見ながら歩いていたシーンは、神奈川県横浜市にある「汽車道」で撮影がおこなわれていました。

【住所】神奈川県横浜市中区新港2丁目9
Googleマップ

神奈川県横浜市 アニヴェルセルみなとみらい横浜(第3話)

純と柊磨、アリサ、内村が話していたカフェのテラス席は、神奈川県横浜市にある「アニヴェルセルみなとみらい横浜」でした。

【HP】https://www.anniversaire.co.jp/wedding/minatomirai/

【住所】神奈川県横浜市中区新港2丁目1-4
Googleマップ

神奈川県横浜市 宮川香山 眞葛ミュージアム(第3話)

純と柊磨、アリサ、内村が訪れていた美術館は、神奈川県横浜市にある「宮川香山 眞葛ミュージアム」でした。

【HP】http://kozan-makuzu.com/

【住所】神奈川県横浜市神奈川区栄町6-1
Googleマップ

 神奈川県横浜市 ポートサイド公園(第3話)

アリサと内村がいなくなり、純がぼやいていたシーンは、神奈川県横浜市にある「ポートサイド公園」でした。

【住所】神奈川県横浜市神奈川区大野町1-4
Googleマップ

神奈川県横浜市  日本丸メモリアルパーク(第3話)

柊磨が純に観覧車に乗ろうと誘っていたシーンは、神奈川県横浜市にある「日本丸メモリアルパーク」でした。

【住所】神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目1-1
Googleマップ

神奈川県横浜市 よこはまコスモワールド(第3話)

純がソフトクリームにのったクマのビスケットを落としてしまった遊園地は、神奈川県横浜市にある「よこはまコスモワールド」でした。

【HP】http://cosmoworld.jp/

【住所】神奈川県横浜市中区新港2丁目8-1
Googleマップ

東京都北区 マジックファンタジア(第3話)

克巳がアリサに手品を見せていたお店は、東京都北区にある「マジックファンタジア」でした。

【住所】東京都北区中十条4丁目3-4
Googleマップ

東京都中央区 A.ランゲ&ゾーネ銀座(第3話)

アリサが他の女性と歩いていた田辺を目撃した場所は、東京都中央区にある「A.ランゲ&ゾーネ銀座」でした。

【住所】東京都中央区銀座6丁目7-15
Googleマップ

神奈川県厚木市 厚木グラススタジオ(第3話)

純と柊磨がガラス作りをしていた場所は、神奈川県厚木市にある「厚木グラススタジオ」でした。

【HP】http://atsugi-glass.net/

【住所】神奈川県厚木市妻田北2丁目13-8
Googleマップ

東京都千代田区 エディオンAKIBA(第3話)

清宮敏彦(味方良介)が結婚記念日にもかかわらず、行列に並んでいた電気店は、東京都千代田区にある「エディオンAKIBA」でした。

【住所】東京都千代田区外神田1丁目2-9
Googleマップ

東京都文京区 ホテル椿山荘東京(第3話~)

純が母親と会っていたホテルは、東京都文京区にある「ホテル椿山荘東京」でした。

【HP】https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/

【住所】東京都文京区関口2丁目10-8
Googleマップ

東京都渋谷区 MIDWEST TOKYO(第4話)

アリサがワンピースを試着していたお店は、東京都渋谷区にある「MIDWEST TOKYO」が使われていました。

【HP】https://store-midwest.com/

【住所】東京都渋谷区神南1丁目6-1
Googleマップ

 

東京都渋谷区 代官山アドレス(第4話)

逃げようとした純を大津が引き留めていたシーンは、東京都渋谷区にある「代官山アドレス」付近でした。

【住所】東京都渋谷区代官山町17
Googleマップ

東京都渋谷区 青山壹番館(第4話~)

純と大津が訪れていた喫茶店は、東京都渋谷区にある「青山壹番館」でした。

【住所】東京都渋谷区東1丁目4-27
Googleマップ

東京都中央区 隅田川テラス(第4話)

純と柊磨が歩いていた水辺は、東京都中央区にある「隅田川テラス」でした。

【住所】東京都中央区日本橋中洲1-11
Googleマップ

東京都渋谷区 STUDIOUS TOKYO 神南店(第4話)

克巳とアリサがジャケットを試着して写真を撮っていたお店は、東京都渋谷区にある「STUDIOUS TOKYO 神南店」でした。

【住所】東京都渋谷区神南1丁目5-19
Googleマップ

神奈川県横浜市 長津田みなみ台公園(第4話)

克巳とアリサが訪れていた高台は、神奈川県横浜市にある「長津田みなみ台公園」でした。

【住所】神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台5丁目9-12
Googleマップ

東京都目黒区 千歳橋(第5話)

響子とアリサが話していた橋は、東京都目黒区にある「千歳橋」でした。

【住所】東京都目黒区青葉台
Googleマップ

東京都渋谷区 西郷橋(第5話~)

アリサが響子にホームパーティを提案したシーンは、東京都渋谷区にある「西郷橋」で撮影がおこなわれていました。

【住所】東京都渋谷区鉢山町13
Googleマップ

神奈川県横浜市 MARINE & WALK YOKOHAMA(第5話)

柊磨と純が手を繋いで歩いていたシーンは、神奈川県横浜市にある「MARINE & WALK YOKOHAMA」でした。

【HP】https://www.marineandwalk.jp/

【住所】神奈川県横浜市中区新港1丁目3-1
Googleマップ

山梨県甲府市 山梨回復支援センタービル(第5話)

真弓(斉藤由貴)が柊磨の写真を見ていた場所は、山梨県甲府市にある「山梨回復支援センタービル」でした。

【住所】山梨県甲府市幸町9-23
Googleマップ

東京都渋谷区 Harmonie agreable(第6話)

要が面接の際にすぐに断られていたレストランは、東京都渋谷区にある「Harmonie agreable」でした。

【HP】http://harmonieagreable.com/

【住所】東京都渋谷区渋谷4丁目1-13
Googleマップ

東京都渋谷区 JINNAN CAFE 渋谷(第6話)

要が履歴書を偽造していたカフェは、東京都渋谷区にある「JINNAN CAFE 渋谷」でした。

【HP】http://jinnancafe.com/

【住所】東京都渋谷区神南1丁目17-5
Googleマップ

神奈川県横浜市 横浜迎賓館(第6話)

要が偽名で面接を受けていたレストラン「ウフルーズ」は、神奈川県横浜市にある「横浜迎賓館」の「オリエンタル」が使われていました。

【HP】https://www.bridal-produce.co.jp/bridal/yokohama/yokohama-geihinkan/

【住所】神奈川県横浜市西区老松町18
Googleマップ

東京都中央区 もんじゃ はざま(第6話)

アリサと克巳が訪れていたもんじゃ焼きのお店は、東京都中央区にある「もんじゃ はざま」でした。

【住所】東京都中央区月島3丁目17-8
Googleマップ

神奈川県平塚市 平塚市総合公園(第6話~)

真弓が柊磨に抱き着いていた公園は、神奈川県平塚市にある「平塚市総合公園」でした。

【住所】神奈川県平塚市大原1-1
Googleマップ

神奈川県平塚市 花菜ガーデン(第7話)

響子と要がベンチに座り、話をしていたシーンは、神奈川県平塚市にある「花菜ガーデン」で撮影されていました。

雨宿りをしていた場所は、「花菜ガーデン」のフラワーゾーンの「風ぐるま迷図」でした。

【HP】https://kana-garden.com/

【住所】神奈川県平塚市寺田縄496-1
Googleマップ

東京都港区 中華料理 礼華 青鸞居(第7話)

アリサが田辺に別れを告げたレストランは、東京都港区にある「中華料理 礼華 青鸞居」が使われていました。

【HP】https://www.rai-ka.com/seirankyo/

【住所】東京都港区南青山2丁目27-18
Googleマップ

神奈川県横浜市 ホテルカスティーユ(第7話)

アリサと田辺が入っていったホテルは、神奈川県横浜市にある「ホテルカスティーユ」でした。

【住所】神奈川県横浜市港北区新横浜1丁目19-7
Googleマップ

東京都中央区 喫茶館仏蘭西屋(第8話)

アリサと田辺が話をしていた喫茶店は、東京都中央区にある「喫茶館仏蘭西屋」が使われていました。

【住所】東京都中央区銀座3丁目7-16
Googleマップ

東京都江戸川区 新長島川親水公園(第8話)

要が子供を抱きあげているのを響子が目撃したシーンは、東京都江戸川区にある「新長島川親水公園」でした。

【住所】東京都江戸川区清新町2丁目8-8
Googleマップ

東京都港区 アーバンネット内幸町ビル(第8話)

ビルから出てきた田辺に克巳が声を掛けたシーンは、東京都港区にある「アーバンネット内幸町ビル」の前で撮影されていました。

【住所】東京都港区新橋1丁目1-13
Googleマップ

東京都台東区 高級喫茶 古城(第8話)

克巳と田辺が話していた喫茶店は、東京都台東区にある「高級喫茶 古城」でした。

【住所】東京都台東区東上野3丁目39-10
Googleマップ

東京都江戸川区 新左近橋(第8話)

アリサと克巳がベンチに座って話していた場所は、東京都江戸川区にある「新左近橋」でした。

【住所】東京都江戸川区臨海町1丁目3
Googleマップ

神奈川県三浦市 三崎町六合の道路(第8話)

野菜の仕入れに向かう途中に、純と柊磨、真弓が車で通っていた道は、神奈川県三浦市の「三崎町六合」の畑道でした。

【住所】神奈川県三浦市三崎町六合
Googleマップ

神奈川県横須賀市 ブロ雅農園(第8話)

野菜の仕入れに訪れた農園は、神奈川県横須賀市にある「ブロ雅農園」が使われていました。

【住所】神奈川県横須賀市長井4丁目4111-2
Googleマップ

東京都目黒区 PET DESIGN 自由が丘店(第9話)

柊磨と真弓が覗いていたペットショップは、東京都目黒区にある「PET DESIGN 自由が丘店」でした。

【HP】https://petdesign.jp/

【住所】東京都目黒区自由が丘1丁目24-1
Googleマップ

東京都港区 もつ福 赤坂店(第9話)

純と響子とアリサと岬希が飲んでいたお店は、東京都港区にある「もつ福 赤坂店」が使われていました。

【HP】https://www.positivefood.com/motsufuku/

【住所】東京都港区赤坂6丁目4-17
Googleマップ

東京都新宿区 DREAM 本店(第9話)

克巳がアリサに会いに行ったキャバクラは、東京都新宿区にある「DREAM 本店」でした。

【住所】東京都新宿区歌舞伎町2丁目17-4
Googleマップ

神奈川県藤沢市 紀の国屋本店(第9話)

響子と要が饅頭を食べていたお店は、神奈川県藤沢市にある「紀の国屋本店」でした。

【住所】神奈川県藤沢市江の島2丁目1-12
Googleマップ

神奈川県藤沢市 江島神社の参道(第9話)

響子と要が歩いていた参道のシーンは、神奈川県藤沢市にある「江島神社」の参道で撮影されていました。

【住所】神奈川県藤沢市江の島2丁目2番
Googleマップ

神奈川県藤沢市 江の島シーキャンドル(第9話)

響子が要にエプロンを渡していたシーンは、神奈川県藤沢市にある「江の島シーキャンドル」で撮影されていました。

【HP】https://enoshima-seacandle.com/

【住所】神奈川県藤沢市江の島2丁目3-28
Googleマップ

東京都港区 黒座暁樓(第9話)

大津が純と純の母親を会わせた居酒屋は、東京都港区にある「黒座暁樓」でした。

【住所】東京都港区赤坂3丁目11-3
Googleマップ

東京都港区 PRBAR(第9話)

純とアリサと克巳が話をしていたバーは、東京都港区にある「PRBAR」が使われていました。

【HP】https://www.prbar.jp/

【住所】東京都港区北青山2丁目12-35
Googleマップ

神奈川県横浜市 藤が丘駅(第9話)

純と大津が歩いていたシーンは、神奈川県横浜市にある「藤が丘駅」の前にある坂道で撮影がおこなわれていました。

【住所】神奈川県横浜市青葉区藤が丘2丁目
Googleマップ

東京都渋谷区 富ヶ谷歩道橋(第9話)

柊磨が走っていた歩道橋は、東京都渋谷区にある「富ヶ谷歩道橋」でした。

【住所】東京都渋谷区富ヶ谷2丁目45
Googleマップ

群馬県渋川市 伊香保温泉 ホテル木暮(最終話)

純と響子、アリサが訪れていた温泉旅館は群馬県渋川市にある「伊香保温泉 ホテル木暮」が使われていました。

【HP】https://www.hotel-kogure.com/

【住所】群馬県渋川市伊香保町伊香保135
Googleマップ

群馬県渋川市 渋川駅前プラザ(最終話)

響子とアリサがお土産を見ていたお店は、群馬県渋川市にある「渋川駅前プラザ」でした。

【住所】群馬県渋川市渋川1832-27
Googleマップ

東京都大田区 羽田空港(最終話)

響子が要に会いに来た空港は、東京都大田区にある「羽田空港」の出発ロビーでした。

【HP】https://tokyo-haneda.com/

【住所】東京都大田区羽田空港
Googleマップ

山梨県甲府市 千秋橋(最終話)

ゴミ拾いをしていた真弓に純が会いに行った橋は、山梨県甲府市にある「千秋橋」の上でした。

【住所】山梨県甲府市高畑2丁目3
Googleマップ

神奈川県横浜市 グランドオリエンタルみなとみらい(最終話)

大津に招待されてコース料理を食べに来たレストランは、神奈川県横浜市にある「グランドオリエンタルみなとみらい」のガーデンルームでが使われていました。

【HP】https://www.bridal-produce.co.jp/bridal/yokohama/grandoriental/

【住所】神奈川県横浜市中区新港2丁目3-2
Googleマップ

東京都港区 ウォーターズ竹芝(最終話)

大津のプロポーズを断り、サリューに向かい走り始めたシーンは、東京都港区にある「ウォーターズ竹芝」で撮影されていました。

【HP】https://waters-takeshiba.jp/

【住所】東京都港区海岸1丁目10-30
Googleマップ

東京都渋谷区 BAR Burn Ble Bee(最終話)

大津と岬希が話をしていたバーは、東京都渋谷区にある「BAR Burn Ble Bee」でした。

【住所】東京都渋谷区恵比寿1丁目12
Googleマップ

東京都千代田区 オーバカナル紀尾井町(最終話)

要が働いていたレストランは、東京都千代田区にある「オーバカナル紀尾井町」が使われていました。

【住所】東京都千代田区紀尾井町4-1
Googleマップ

恋なんて、本気でやってどうするの 目撃情報

▼2022年4月期のドラマロケ地はこちら
二宮和也さん主演『マイファミリー
山田涼介さん主演『俺の可愛いはもうすぐ消費期限⁉
上野樹里×田中圭『持続可能な恋ですか?
木村拓哉主演ドラマ『未来への10カウント
堺雅人さん主演『ダマせない男

マイファミリー』原作と脚本ネタバレ・主題歌
未来への10カウント』原作と脚本ネタバレ・主題歌
持続可能な恋ですか』原作と脚本ネタバレ・主題歌
未来への10カウント』原作と脚本ネタバレ・主題歌

▼2022年7月期のドラマロケ地まとめ>
綾野剛さん主演日曜劇場『オールドルーキー
町田啓太さん主演『テッパチ
竹内涼真さん主演『六本木クラス
中島裕翔さん主演『純愛ディソナンス
永野芽衣さん主演『ユニコーンに乗って


▼2022年1月期のドラマロケ地まとめ
日曜劇場『DCU

TBS火曜ドラマがこちら『ファイトソング
ムチャブリ!わたしが社長になるなんて

▼主題歌はあいみょんさんが歌います!

 

-エンタメの日々, ドラマ
-,

© 2022 クリーム色の日々 Powered by AFFINGER5