記事上リンクユニット

ちょっとした日々

奈良の鹿が凶暴化?街を歩く鹿・鹿せんべいを食べる動画も|鹿愛護会の見解

投稿日:

コロナウイルス感染防止のため外出自粛がさけばれ、観光地も集客がなくなり閑散としているようです。

その結果、奈良の鹿が食べ物がなくなり街に出て凶暴化してるって!?

本当に凶暴化しているのか、その真偽や凶暴化は本当なのか鹿せんべいを鹿にあげるまでの動画や街を歩く鹿の動画などご紹介です。

奈良の鹿愛護会の見解

公園から出て街の植栽を食べたり人の落とした食べ物の袋などをあさる鹿が目撃されています。
観光客がいなくなって鹿せんべい食べられなくなって凶暴になってるんじゃない?と言われてました。

しかし奈良の鹿を良く知る“奈良の鹿愛護の会”からはこのような説明があります。

愛護会は「毎年発情期に起きる現象」と説明する。発情期が冬から春先にも続くとみられ、すみかを離れて出歩くことがあるという。なぜこの時期に行動範囲が広がるかはよくわからず、「シカに聞くしかない」そうだ。

愛護会によると、シカの主食は草木や木の実。鹿せんべいはあくまで「おやつ」。「観光客が減ったことで、いろいろなうわさが出ているが、特に関係はないと考えている」

愛護会は、通報を受けて、市街地を出歩くシカのもとに駆けつけることもある。職員が群れの左右を挟むように並走し、後ろから車で追いかけて奈良公園に誘導している。

引用元:毎日新聞

観光客が減ったことで鹿せんべいが食べられず食べ物を探しに街に出てきた、というわけではないとのこと。

街も人が減っているでしょうから、鹿も歩きやすいでしょうか。

凶暴化している?鹿動画

実際に鹿が凶暴化していないか見に行っている人の動画がありました。

コロナ騒動中にこんなことしに行っていいのか?という議論はおいておいて見てみましょう。
奈良の鹿に鹿せんべいをあげている動画です。

奈良の鹿が凶暴化している?コロナの影響か?

こちらでは街の中を歩く鹿がいます。

【奈良公園】鹿せんべいの売上が減少したと聞き、散布してきた

動画の日付が2020/2/13とあってコロナで外出自粛が始まる前のものですよね。
自粛前から鹿は街の中を歩いているもんなんですね。
それに鹿せんべいを持っていれば強気な鹿は凶暴とも感じる行動を取ってきてます。

鹿の大群こわい!

奈良の鹿、といっても完全に人間に飼育されているわけではないので一応野生の鹿といっていいんですかね。
飼い主がいるわけではないので公園から出て街を歩いていても誰かが罰せられるというわけではなさそう。

しかし病気の鹿や角の管理などは奈良の鹿愛護会の方がやってくださっています。
詳しく奈良の鹿を知りたいかたは“奈良の鹿愛護会”→https://naradeer.com/

コロナウイルスを気にせず鹿せんべいあげに行きたいですね!

-ちょっとした日々

Copyright© クリーム色の日々 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.