エンタメの日々

二宮和也主演ドラマ・カッペリーニ号の冒険いつ撮影?ロケ地と目撃情報

2022年お正月スペシャルドラマ『カッペリーニ号の冒険』に、二宮和也さんと有村架純さんが出演されることになりました。

今年は様々な映画の撮影で忙しい二宮和也さんですが、スペシャルドラマの撮影をしていたと知って驚くファンも多数いました。SNSではいつ撮影してたかという話題で持ち切りでした。

この記事では、気になる撮影時期や撮影場所について考察。
気になるロケ地や二宮和也さんの目撃情報、ドラマの特報動画やあらすじ、キャストのコメントもご紹介します。

潜水艦カッペリーニ号の冒険 概要

タイトル『潜水艦カッペリーニ号の冒険』

放送日時:2022年1月3日(月)21時~23時30分

放送局:フジテレビ

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/DramaCappellini/index.html
公式ツイッター:https://twitter.com/Cappellini_cx
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/cappellini_cx/

『潜水艦カッペリーニ号の冒険』は、第二次世界大戦中の日本を舞台に、イタリア人捕虜と日本軍の国境を越えた友情を描いたドラマです。
原作のないオリジナル作品ですが、第二次世界大戦中に起きた実話をもとに制作されました。

タイトルにある潜水艦カッペリーニ号とは、イタリア軍の輸送潜水艦「コマンダンテ・カッペリーニ号」のことを言います。
日本に物資を届けに来た乗組員たちは、航海中にイタリア本国が敵軍であるアメリカ側に協力していたことを日本に到着してから知ります。そして、日本軍から敵扱いを受けてしまうのです。
史実ではその後、コマンダンテ・カッペリーニ号の乗組員は、自分たちの意思でドイツ軍と日本軍の支援をすることを選びます。
戦況が厳しくなる第二次世界大戦末期に、コマンダンテ・カッペリーニ号の乗組員と日本軍の将校が連携して戦ったという話から本作品が制作されました。

本作の監督・馬場康夫さんは約25年前にイタリア人の友人から、カッペリーニ号の実話を聞いたそうです。
馬場さんは潜水艦で日本に向かう途中で、イタリアが敵側に協力することになり、敵味方の関係が逆転するという予想だにしない話に引き込まれたといいます。
日本で暮らすことになったイタリア兵の妻にインタビューを行うなど取材を丁寧にしながら、魅力的なドラマになると確信したそうです。

本作品では、陽気で前向きなイタリア軍人の3人組と、彼らの価値観を理解できない堅物な日本軍人が出会い、深い絆を深めていくストーリーとなっています。
戦時下における恋や、戦争の壮絶さも描かれており、見ごたえ抜群のドラマになるでしょう。

潜水艦カッペリーニ号の冒険 キャストとコメント

出演者の情報が続々と判明してきました。

速水洋平 少佐・・・二宮和也
速水早季子・・・有村架純
鈴木香苗・・・愛希れいか
アベーレ・・・ペッペ
シモーネ・・・ベリッシモ・フランチェスコ
アンジェロ・・・パウロ
廣田正 大佐・・・堤真一
阿部虎太 少佐・・・今野浩喜
尾上克郎 大尉・・・音尾琢真
高倉清人・・・未発表

二宮和也さんが演じる速水洋平は、日本海軍に所属する軍人で、厳格で頑固な性格の持ち主。
捕虜となったイタリア人3人の陽気な性格を受け付けることができませんでした。
恋愛には奥手で、想いを寄せている香苗に気持ちを伝えたくても伝えられていません。
イタリア人3人は洋平の恋を応援し、彼らと関わっていく中で固く閉ざしていた心を開くようになります。
二宮和也さんは、今回イタリア語の長セリフやイタリア語の歌、マンドリンの演奏にも挑戦したそうで、完成度の高さに監督たちの心を動かしたそうです。

有村架純さんは、洋平の妹である速水早希子で出演。
堅物すぎる兄をフォローするしっかり者の妹という役どころです。
早希子は小学校の教員で、戦争の最中でも普段と変わらぬ優しさで児童たちを見守っています。
二宮和也さんとは『弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』以来8年ぶりの共演になるそうで、期待に胸が高鳴る人も多いのではないでしょうか。
兄妹の仲の良さを感じ取ることができるであろう二宮さんと有村さんの共演が楽しみですね。

洋平が思いを寄せる女性・鈴木香苗を演じるのは、愛希れいかさん
愛希れいかさんは元宝塚の娘役トップスターで、歴代娘役のトップスターの中でも3番目に長い期間劇団で活躍されていました。
現在は舞台や、大河ドラマ『青天を衝け』の井上武子役としても活躍の幅を広げています。
二宮和也さん演じる洋平との恋がどうなっていくのかにも注目です。

潜水艦カッペリーニ号の乗組員であるイタリア人を、漫画家兼モデルのペッペさん、料理研究家のベリッシモさん、オペラ歌手のパオロさんが演じています。
ペッペさんは「テラスハウス東京編」に出演した経験の持ち主。
ベリッシモさんはドラマのイタリア人シェフ役やYouTubeチャンネルで活躍中、パオロさんもドラマ出演経験者で、3人ともドラマの世界で存在感を出せる人物たちです。

二宮さん演じる洋平が彼ら3人と出会うことでどのように変化するのか、彼らの友情ドラマが戦争によってどうなってしまうのか、最後まで見逃せませんね。

日本軍側のキャストも先日発表がありました。
洋平の上官・廣田正役に堤真一さん、洋平のライバルで、人に厳しく当たる軍人・阿部虎太役にお笑い芸人の今野浩喜さん。洋平を慕う後輩・尾上克郎役に演劇グループ「TEAM NACS」のメンバー・音尾琢真さんが出演することになりました。
二宮さん演じる洋平の上官を演じる堤真一さんは、今回が二宮さんと初共演。
コメディテイストの会話シーンもあるようで、二人の息の合った演技を見ることができるそうですよ。

実力派俳優陣の演技からも目が離せません。

コメント

番組制作発表時のキャストやスタッフのコメントを一挙にご紹介します。

+ 二宮和也さん コメント

台本を読んだ時の感想
戦時中のお話なのですが、人間と人間のいろいろなものを感じる話だと思いました。

撮影を振り返って
イタリア人の方々とお芝居したことがなかったので新鮮でした。

有村さんとの共演について
お芝居は何年も機会がなかったのですが、バラエティー番組などでご一緒する機会がありましたので、自然と懐かしさはなかったです。

視聴者の皆様へのメッセージ
是非、人間模様を楽しんでいただきたいなと思います。戦争というものよりも、そんな最中(さなか)にこんな人間がいたのか、というところを感じていただけたらと思います。

+ 有村架純さん コメント

台本を読んだ時の感想

実際に存在したイタリア、ドイツ、日本と渡り歩いた潜水艦を舞台に、イタリア人兵士たちと日本人の間に繰り広げられる物語を全体的にポップに描いていて読みやすく、ある種漫画を読んでいるような、そんな印象を受けました。しかしながら、当時の時代の中にある理不尽さや時代が持つ狂気も感じられるので、メッセージ性のある台本だと思いました。

撮影を振り返って

イタリア兵士を演じられた役者さんがイタリア出身の方々で、現場にはイタリア語が飛び交っていました。とても新鮮でしたし、皆さん明るく陽気で、現場に行く度に元気をいただけたことを覚えています。

二宮さんとの共演について

作品では久しぶりにご一緒させて頂きましたが、変わらない二宮さんがそこにいてくださり、安心して現場にいることができました。以前とは少し話せることも変わって、個人的に時間の流れを感じ、感慨深かったです。

視聴者の皆様へのメッセージ

その時代にある社会情勢などは調べなければわからないことも、こうして作品に携わらせていただくことで学ぶことが多いといつも感じます。是非皆様もご覧になって、少しでも何かを得ることができたらうれしいです。

+ 監督・馬場康夫さん コメント

ドラマ化のきっかけ

25年以上前のことですが、私のイタリア人の友人からこの潜水艦の話を聞きました。その話がとても面白くて。潜水艦で潜っている間に敵と味方がひっくり返っちゃったなんて、“そんなことあったの!?”と一気に引き込まれました。しかも、食べて、歌って、恋して、人生を謳歌(おうか)する国民性のイタリア人が、よりにもよって大日本帝国海軍という厳しい世界に放り込まれてしまったというのも皮肉ですよね。そこからさまざまな方に取材し、アベーレのモデルになった方の奥様の話も聞きました。第二次世界大戦中のイタリア人がどういう生き方をして、何を考えていたのか。取材を重ねるたびに、“これはドラマになる”と確信しましたし、なにより実話がベースになっていることがこのドラマの最大の魅力になっていると思います。

二宮さんについて

ひと言でいうと、彼はプロですね。とても頭がいい人だし、撮影中、“ここってこうするのはどうでしょうか”と提案をいただき採用したシーンもあります。二宮さんがイタリア語のセリフを言うシーンがあるのですが、すごく上手で。何よりイタリア人がビックリしていましたから(笑)。かなりの長ゼリフでしたが、完璧な発音とエロキューション(発声法)で、通訳のイタリア人たちが“完璧だよ”と感心していました。お世辞抜きで鳥肌ものです。イタリアの歌を歌唱するシーンも素晴らしいので楽しみにしていただきたいですね。

今作の見どころについて

第二次世界大戦の途中でイタリアと日本が敵対する国同士になったという事実は案外知られていないかもしれませんし、そんな状況下での、イタリア人と日本人の交流をテーマに描く作品はあまりないのではないでしょうか。イタリア語のセリフもありますし、イタリア人のキャストも多く出てきますので、全編を通じてイタリアのカラーが出ています。そして、日本人の規律正しさや清潔さなど、海外の目を通じて日本の良さを発見する作品でもありますので、来年のお正月、たくさんの方に見ていただけたらうれしいです。

+ 企画・狩野雄太さん(フジテレビ編成部) コメント

“こんな実話があったなんて!”と、まず驚きました。この実話を発見した馬場監督の圧倒的な熱量とアイデアがどれも面白く、また澤本さんがウイットに富んだ脚本に仕立ててくださいました。“人と人が分かりあう事”、“心を通わせる事のかけがえのなさ”を中心にしながら、一部脚色を加えて制作をさせて頂くことになりました。主人公の速水は表面上は堅物の軍人ですが、イタリア人達と出会い共に過ごしていく事で、自分自身で押さえつけていた本当の内面が露わになっていきます。そんな速水を確かな演技力と表現力、そしてユーモアさも兼ね備える二宮さんに演じて頂き、スタッフ一同大変光栄に思っております。また、有村さんには、柔和な中に芯がある早季子をしなやかに、そして凛々(りり)しく演じて頂き、キャラクターに命を吹き込んで下さいました。二宮さんとのシーンも抜群の掛け合いで本当の兄妹のように見えますし、イタリア人との恋の行方にもご注目頂ければと思います。

引用元:フジテレビHP

潜水艦カッペリーニ号の冒険 あらすじと動画

物語の舞台は1943年、第二次世界大戦中の日本です。
当時の日本はドイツとイタリアと協力関係を結んで、アメリカや中国などの連合国と全面戦争をしていました。
ある日、イタリア軍の潜水艦「コマンダンテ・カッペリーニ号」は日本へ物資を届けに港を旅立ちます。
乗組員であるアベーレ、シモーネ、アンジェロの3人が日本に着くと、軍人・速水洋平 少佐が鬼のような顔で自分たちを待ち受けていました。
実はアベーレたちが日本に向かう最中にイタリアでは政権交代が行われ、イタリアがドイツや日本を裏切り、連合国側に協力することになっていたのです。
速水は敵国の軍人たちに嫌悪感を強く持っているだけでなく、イタリア人の楽観的で気ままな気質が好きになれません。
イタリアに行った経験からイタリア語を話せる速水は、上官の廣田から、イタリア語を話せることを隠し通し、彼らが油断して話したことを伝えるように命令します。

その後、捕虜であるアベーレたちの世話をみることになってしまった速水。
自宅である旅館に彼らを住まわせましたが、アベーレは妹の早希子に一目ぼれをしてしまいます。
猛烈なアプローチが続き、速水はさらにイタリア人たちに警戒心を抱いてしまうのです。

文化や価値観が全く異なる速水とイタリア人たち。速水が思い人に気持ちを伝えられない姿を見て、イタリア人たちは速水に協力するようになります。
いつしか速水は3人のイタリア人たちの優しさや前向きさに触れ、速水は頑なに閉ざしていた心を開くようになったのです。
日に日に戦況が厳しくなる中、速水たちの友情の行方は?
死と隣り合わせの戦場で、速水たちは無事に生きて帰ることはできるのでしょうか。

潜水艦カッペリーニ号の冒険 動画

▼60秒予告動画

潜水艦カッペリーニ号の冒険 いつ撮影してた

2021年11月17日にお正月ドラマで二宮和也さんドラマ主演が決定したニュースが入り、Twitterではいつ撮影していたのかと疑問を持つ声が多くあがりました。
Twitterにあった投稿を手掛かりに見えた撮影時期は、2021年1月から2月末ごろと推測します。

クランクインした時の動画で二宮さんが「雨が雪になる」と話しているところや、非常に寒いと言っている点から、真冬に撮影されたようです。
2021年の年明けに髪の毛を短くしていたことも分かっており、本作品の撮影に向けて気合を入れていたのでしょう。

2021年2月を中心に、二宮さんの目撃情報があったとの声をいくつか見つけることができました。

ツイッターではいつ撮影してたか気になる人が多くいます。

スペシャルドラマなのでそれほど長期間の撮影ではなかったであろうこと、二宮和也と有村架純のスケジュールや動きからおおよその予想でいいです。

お正月のドラマは過去のドラマを見ても早め早めに撮影が行われている傾向なので、2021年前半には撮影が終わっていたのでは。
二宮くんはドラマの撮影でしか髪型を変えないという説もありますね。

潜水艦カッペリーニ号の冒険 撮影場所と目撃情報

『潜水艦カッペリーニ号の冒険』の詳細なロケ地情報はまだ判明していません。
場所は分かりませんが、撮影スタジオの予想などをご紹介します。

■フジテレビ湾岸スタジオ

フジテレビのドラマ撮影に主に使用されるスタジオは、フジテレビ湾岸スタジオです。
フジテレビ湾岸スタジオは、東京都江東区青海2丁目にあります。
地下1階、地上7階建ての大きなビルで、床面積7万平米の中に8つのスタジオがあるそうです。
『コンフィデンスマンJP』や『ストロベリーナイト』など、フジテレビの人気ドラマを始め、「VS嵐」や「めちゃ²イケてる」など人気バラエティーもここで撮影されたと言われています。

スタジオセットでの撮影は「フジテレビ湾岸スタジオ」を使用した可能性は高いでしょう。

スタジオの一般公開は現在されていないそうですので、現地に行く際は外観を見るだけにとどめておいたほうがよさそうです。

■新宿某所

ドラマが撮影された時期に、新宿方面で目撃情報がありました。

■場所不明 オープンセット

ロケ地は特定できませんでしたが、広大な敷地にオープンセットを建造して、撮影されたようです。

今回は、お正月特別ドラマ『潜水艦カッペリーニ号の冒険』のストーリーやキャスト情報、撮影時期の情報をお届けしました。
目撃情報や公式Twitterに掲載された二宮さんのコメント動画から考察すると、ドラマは2021年1月頃から2月いっぱいの寒い時期に撮影されていたことが予想できます。

撮影場所に関する情報や目撃情報がきわめて少なかったので、スタジオでの撮影や人の目につかない広大な敷地を使ったオープンセットなどで撮影されたのかもしれませんね。

いよいよ放送まであと少しになってきました。
二宮和也さんと有村架純さん、個性豊かな俳優陣の演技が、とても楽しみですね。

-エンタメの日々
-

© 2022 クリーム色の日々 Powered by AFFINGER5