ちょっとした日々

東京アラートって何?定義と発動したらどうなるのか警告と画像も

投稿日:

6月2日、東京アラートが発動されました。

今更聞けない「東京アラート」って何でしょう。
その定義すら知りません。

発動されたらどうなるんでしょう。
レインボーブリッジと都庁が赤くなるだけ?どんな警告が出てるのか、その画像を見てみましょう。

東京アラートとは

「東京アラート」は、新型コロナウイルスの感染状況が再び悪化したと判断したとき、都民に警戒を呼びかける東京都独自の対策です。

アラートは「警報」の意味
都民にコロナウイルス感染に気を付けてください!と警報を鳴らすんですね。

都民だけどなにも警報鳴ってるの聞こえないよ。

定義は

都は休業要請などの緩和を7つの指標に基づいて判断していて、このうち都内の感染状況に関する3つの指標では、目安となる数値を設けています。

①1週間の平均でいずれも1日あたり新たな感染の確認が20人未満
②感染経路がわからない人の割合が50%未満
③感染した人の週単位の増加比率が前の週より低くなる

この3つの指標のうち、1つでも目安の数値を超えたら、ほかの指標も考慮したうえで必要と判断されたら、都民に警戒を呼びかける警報を出します。

これが「東京アラート」です。

「東京アラート」が発令されたり取り消されたりしても休業要請などのステップを上げたり下げたり、変わることはありません。

へえ~、ほんとに警報だけなんだね。

「東京アラート」が発動されたら

それじゃあ「東京アラート」が発動されるとどうなるんでしょう?

赤く点灯し警戒の呼びかけ

「東京アラート」が発動されると、レインボーブリッジと都庁が赤く点灯します。

その他に東京都のホームページなどでも警戒の呼びかけをします。

東京アラートを発動中です。

「東京アラート」は、都内の感染状況を都民の皆様に的確にお知らせし、警戒を呼び掛けるものです。
・都民の皆様は、夜の繁華街など、3密のリスクが高い場所には十分ご注意ください。
・手洗いの徹底とマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、「3つの密」を避けた行動など、「新しい日常」を徹底して実践してください。
・事業者の皆様には、都や各業界団体が策定するガイドライン等を踏まえて、適切な感染拡大防止対策の更なる徹底をお願いいたします。また、出勤に当たっては、テレワークや時差通勤の活用をお願いいたします。

引用元:東京都防災HP

調べなければわかりませんでしたが、上記のような警戒が出ていました。

今まで通りコロナ感染に注意しながら生活だね。

赤く点灯画像

赤くなってるレインボーブリッジと都庁を見てみましょう!

けっこう赤い!

わざわざ見に行く人とかいそうな。

早く普通の色に戻ってほしいもんです。
感染拡大しないでアラート止まりを祈りましょう!

-ちょっとした日々

Copyright© クリーム色の日々 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.