台風14号

空模様の日々

台風14号2022気象庁・米軍・ヨーロッパの進路予想比較!日本の上陸はあるか

2022年9月14日、日本近海に台風14号が発生。
12号13号も同時に発生しトリプル台風になりました。台風12号13号は温帯低気圧に変わっています。

最後に発生した台風14号が日本を縦断し、20日の朝に温帯低気圧に変わりました。

次の台風15号情報はこちら

台風14号の名前はナンマドル。ミクロネシアの言葉で有名な遺跡の名前です。
台風の名前の付け方についてはコチラ<気象庁・台風の番号の付け方と命名の方法>

この記事では台風14号の台風情報について
どんな進路をとるのか
気象庁や米軍・ヨーロッパの進路予想比較
日本への接近や上陸はあるのか
熱帯低気圧や温帯低気圧に変わるのはいつか
米軍や気象庁、ヨーロッパが出す予報をまとめていきます。

 

台風14号 米軍の予報・進路予想

JTWCは米軍合同台風警戒センターが出す台風予報です。

▼20/0600Z 日本時間で9月20日15時00分

画像引用:JTWC

赤矢印16Wが台風14号です。

黄色丸(24時間以内の発達は考えずらい)

オレンジ丸(発達しても24時間以上かかる)

赤丸(24時間以内に発達します)

赤矢印
TD:熱帯低気圧
TS/TY:台風

この順で発達していきます。

米軍の進路予想

米軍が出している進路予想です。

画像引用:JTWC

ノロノロ動いて18日には九州に乗っかり、予報円の中心を本州に乗せて一気にスピードを上げて太平洋に出ていきました。

台風14号 気象庁の予報・進路予想

気象庁の台風情報です。

▼9月20日09時発表

緑の14が台風14号。
九州の南側から北上して上陸、本州をかすって太平洋に出ていき、温帯低気圧に変わりました。

米軍の進路予想と大きな差はありません。

実況と予報がこちらです。

■20日09時の実況
温帯低気圧が日本の東を東北東 75 km/hで移動
中心気圧994hPa

大型で非常に強い台風になって九州に上陸し、勢力を少し落として本州を縦断していきました。

台風14号 Windyの予報

Windyはヨーロッパの予報センターがモデルで、予報を視覚的に確認できるサイトです。
先の予報まで見ることができます。

台風14号が温帯低気圧に変わったのが、こちら、20日の9時です。

温帯低気圧に変わった後も強い風が吹いていたようです。

台風14号 まとめ

9月14日発生した台風14号。
12号13号と一緒に発生してトリプル台風になりましたが台風12号13号はすでになくなり、14号だけ最後まで残りました。

9月18日夜には九州に上陸。
進路を東にとって西日本にも上陸、その後本州を縦断して東北地方で太平洋に出て20日9時に温帯低気圧にかわりました。

これで台風14号のリサーチを終わります。

 

 

-空模様の日々
-

© 2022 クリーム色の日々 Powered by AFFINGER5