犬との日々

真夏の犬の散歩・熱中症と火傷をさせないためには?暑さ対策と時間帯は?

更新日:

愛犬家の皆様、毎日のお散歩ご苦労様です。
もうすぐ、猛暑、酷暑と表現されるほど暑い日本の夏がやってきます。
大丈夫!暑くてもうちの子散歩好きだから!と言って暑さを気にせずお散歩させていませんか?
真夏の散歩は愛犬の身体にとても負担かかかり、足に火傷をする危険もあります。だからと言って、夏の散歩はやめよう!と簡単に散歩を休めないワンちゃんもいます。

熱中症と火傷を負わせないための注意点、真夏の暑さ対策、散歩できる時間帯などをご紹介します。

真夏の散歩は危険がいっぱい!

うちの周りは草木に恵まれてる気持ちのいい散歩コースなのよ!なんて人、少ないんじゃないでしょうか。
住宅街で犬を飼ってる人はたくさんいます。ほとんどの方は舗装された道を散歩すると思いますが、アスファルトやコンクリートで舗装された道、夏は危険です。

灼熱地面アスファルト

真夏の昼間、アスファルトの温度は50度以上になります。人間が靴を脱いだら足がつけないほどの温度です。
その地面を犬は基本裸足で歩き、暑いよ!と言いません。そのまま歩いたらどうなるでしょうか?肉球が火傷してしまいます。
肉球が火傷するだけでなく地面に近いと照り返しの熱を受けやすく、人が感じているより暑くなっています。その高熱にやられて熱中症になってしまいます。

こちらはハトですが犬と同じ裸足。とっても熱そうですね、、、。

火傷スポット

アスファルトよりも熱くなってるスポットにも気を付けなければなりません。

・マンホール
鉄でできており、真夏の日中には60度以上にもなります。

・踏切内の線路
散歩コースで踏切を渡る方は注意!線路の鉄の部分で火傷しているワンちゃんが多数います。

・砂地
公園の砂場が70度以上になります。公園の砂場に犬を連れて行くことはありませんが、同じ砂地ですと海の砂浜も熱くなります。

・駐車場の鉄板
こちらも火傷の報告が多数あります。わざわざ駐車場に散歩することはないでしょうが、車の乗り降りなどで入る場合は注意です。

こうして見てみると鉄でできたものは全般要注意です。

対策

夏の散歩の危険を理解したらその対策をしましょう。

散歩の時間帯

一番簡単だけど犬にとって暑くないのが時間帯の工夫です。夏場、空が明るくなるのが4時頃。太陽が出てくるのが5時頃。
ここ最近の日本の夏、陽が出て1時間もすると暑くなりセミが鳴き始めます。そうなってからだともう暑いです。できるならば朝の散歩は7時前にはすましておきたいところ。
夜は陽が落ちたあとでも気を抜いてはいけません。地面のアスファルトに熱がこもってずーっと暑いんです。陽が落ちてしばらくしてからの時間、20時以降がおススメです。

散歩前にチェックを!

陽がない時間帯にお散歩する方も、思い通りの時間帯に散歩できない方も、愛犬がどれくらい熱い地面の上を歩いてるのか知っておくことが大切です。
散歩にでたら地面に手を当ててみましょう。
あまりに熱かったら中断したほうがいいです。外でしか用を足せない子は用事を済ませてとっとと帰りましょう!

長毛種の子

長毛種の子は短毛種の子に比べてもちろん暑いです。そんな子はトリミングに行ったらサマーカットをお願いするのも手です。
ポメラニアンやロングコートチワワがサマーカットしているのを見ると別人(別犬)です。もれなく涼しそうでかわいい!

対策グッズ

肉球の保護目的なら靴を履かせる、という手段もあります。愛犬が受け入れてくれるかどうかはやてみないとわかりません!

 

 

このような冷感の洋服を着れば熱中症対策だけでなく虫よけ、泥よけにもなります。

 

まとめ

お散歩大好きワンちゃん。ニコニコ笑ってお散歩してくれてるのを見るとどんな時でも行ってあげないとな、と思いますよね。
暑さ対策、愛犬の種類や性格によって対応の仕方も変わってくりのでこれが正解!というのもないと思います。
愛犬の理解者は飼い主のあなたです。ワンちゃんと相談して楽しいお散歩ができるよう、ケガをしないようにしてください。
あつーい夏、乗り切りましょう!

 

-犬との日々

Copyright© クリーム色の日々 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.