ちょっとした日々

コロナウイルス日本の第2波はいつ?感染対策グッズ準備することは

投稿日:

コロナウイルス感染防止のため出されていた緊急事態宣言が全解除されました。

自由に動けて嬉しい反面、これで規制も緩和され気が緩みコロナウイルス感染が拡大するんじゃないか、という不安も大きいです。

26日にはこんなニュースも出ていました ↓

日本国内では、早くも、新型コロナウイルスの感染第2波への懸念が出始めています。
「いわゆる第2波の入り口に立っていると思います」(北九州市 北橋健治市長)

引用元:TBSニュース

コロナウイルス感染の第2波は必ず来る、という人もいますが、どのタイミングで、日本にはいつ来るんでしょう。いろんな意見がありますがそのまとめです。
そしてその来るべき時に備えておいたほうがいいものはなんでしょうか。
あらためてコロナ感染対策グッズや準備しておいたほうがいいものも見直しておきましょう!

第2波はいつ

過去に流行したスペイン風邪では、春、秋、翌年の春、と第3波までありました。
被害が大きかったのが第2波で多くの死者をだしました。第3波も含めると全世界で2500万人もの死者をだしたのです。
恐ろしい。。。

このように過去のウイルスの傾向からして第2波、第3波はあると考えられるのです。
日本での第2波のタイミングはいつが考えられるでしょうか。

規制緩和のタイミング

第2波に直面しているのが韓国です。
5月6日に規制緩和しクラブの経営が許されるようになった結果、ソウルの繁華街のクラブで集団感染(クラスター)が発生しました。
このクラブで感染した人から人へとコロナウイルスはあっという間に広がり、感染者が200人にまで膨れ上がったのです。

これを参考にするならば、規制緩和されるタイミングは第2波の危険がありますね。
緊急事態宣言が解除され、集団での行動に規制がかからなくなると危険です。

春・夏・秋・冬・季節性は

新型コロナウイルスは人間に影響を及ぼすようになって日が浅いため、今後どのような動きを見せるかわからないのも恐怖です。
これから暑い夏が来て感染力が弱まることも期待したいですが、季節性は強くなさそうとの意見もあり、夏だからと言ってリスクが下がることはないというのです。(参考→JIJI.com)

しかしインフルエンザと同じようなものだと言っている人もおり、夏の暑い時期には一旦感染はおさまり、秋から冬にかけてまた感染が拡大し第2波が来るという説もあります。

渡航者が増えるタイミング

日本の周りは海なのでコロナウイルスが飛んだり泳いだりして単品で来ることは不可能です。
ということは日本のコロナウイルスは人やモノに付着して入ってきているんですよね。

現在(5月27日)世界的に見ても渡航制限をかけている国が多数です。

茂木敏充外相は22日の記者会見で、全世界の国・地域を対象にした5月末までの入国規制を延長する方針を示した。インドやアルゼンチンなど11カ国の新型コロナウイルスに関する感染症危険情報をレベル3「渡航中止勧告」に引き上げたとも発表した。

入国規制の期限は1カ月程度延ばす方向だ。発給済み査証(ビザ)の効力停止やビザ免除の凍結など現行措置を続け、日本人も含めて入国後14日間は自宅や宿泊施設で待機するよう要請する。

茂木氏は入国規制を巡り、国内での感染収束後に3段階での緩和を想定しているとも明らかにした。まずビジネス客、次に留学生らを対象とし「観光客はかなり先になる」と述べた。

引用元:日本経済新聞

街に出ても外国人の姿が本当に少ないのはこのような規制があるからです。
しかし日本に来たコロナウイルスは渡航者がもってきたものといわれているので、渡航制限が緩和されるタイミングも第2波の危険大と言われています。

第2波対策

大きな第2波がきたらまた買い占めなどの混乱が生じるかもしれません。
そんなときに慌てなくてもいいように、今から準備をしておきましょう。

コロナウイルスがはやったときになくなったものです。

マスク

最初になくなったのがマスクでした。
最近はドラッグストアでも見かけることが増えてきました。

いろんな会社がマスク製造に乗り出し、夏に涼しいマスクやご当地マスクなども出ています。
洗えるマスクがいくつかあればどうにかなります。
使い捨てじゃないとダメな人は多めに持っておけば安心です。

福助フクスケがストッキング素材マスク販売!発売日と購入方法・価格は?

長時間マスク着用で熱中症?即納夏マスクも!マスク焼け・肌荒れ注意!対処法や対応策!

シャープが個人にマスク販売開始!応募方法・購入方法と値段・販売日時は

トイレットペーパー等紙製品

マスクを作るのに材料がなくなって紙製品がなくなる、とデマが流れて買い占めが起こりました。

・トイレットペーパー
・ティッシュペーパー
・キッチンペーパー
・ナプキン
・おむつ
・ペット用トイレシーツ

どこまで本当だったのかわかりませんが、今は供給が安定しているので少し多めに備蓄しておくことをおススメします。

消毒液・ハンドソープ

小さなものならドラッグストアで見かけるようになりましたが、アルコール除菌や次亜塩素酸ナトリウムといった消毒液はまだ品薄です。
ハンドソープも現在は売っていますが、一時期店頭からきえました。

 お米・乾麺

お米やパスタ、ラーメンやうどんそばといった乾麺も店頭から消えた時期がありました。
こちらも備蓄が可能なので、供給が行き届いている今のうちに多めにもっておくといいでしょう。

いろんなものがなくなったのを一度みなさん知っているので、次は焦らないんじゃないでしょうか。

一番なくしちゃいけないのは平常心!

ライブや映画館に行くのが楽しみだった人にとっては今の生活はつまらないもんです。
コロナウイルスにかかってももう大丈夫!と思える薬があったりワクチンがあれば前の生活に戻れることでしょう。
それかみんな一度かかって免疫を獲得してバージョンアップ!するか。

なにもかも恐れて外に出ない生活は現実的ではありません。
人との距離をちゃんと取ってマスクは日常的にするようにして手洗いうがいも忘れずにして、できることをちゃんとして過ごしましょう。
することしてもなってしまう人もいますが、それはもう事故だと思ってかかった人を責めないように。

コロナウイルスとの共存生活が恐怖でなくなる日が早くきますように!

-ちょっとした日々

Copyright© クリーム色の日々 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.