犬との日々 犬散歩

犬の散歩のあれこれ~飼い主同士、挨拶ってするの?

更新日:

毎日しているお散歩。
決まった時間、決まったコースを歩いていれば顔見知りが出来てきます。

愛犬とお散歩だけしてたい。
と思ってもそうはいきません。
犬同士で挨拶をしたがったり、声をかけてくる飼い主さんもいます。

全部ひっくるめて散歩です。
挨拶しなければいけない!
という決まりがあるわけではありません。
でも知らない人と挨拶するのに抵抗がある人もいますよね。
どうすればいいでしょう。

 

いろんな犬と飼い主さんがいる

あ!犬だ!
と目を輝かせて近寄ってくる犬。

とりあえず吠えとけ!
ワンワンワンワン!吠えまくる犬。

犬ってなに?
こちらをまったく気にしない犬。

挨拶?いや、いりません、気にしないでください。
足早に走り去る犬。

ご主人様しか見えません。
飼い主の一歩後ろを歩き忠実を崩さない犬。

いろーんな犬がいます。
犬はいいです、世間体も気にせず、どう見られようが自分を崩しません。

しかし、人間同士だとそうもいきません。
こんにちは!と言われて逃げたら変な人扱いされます。

 

感じ取って、踏み込みすぎないように

相手が話しかけないでオーラを出していたら感じ取りましょう。
そんな人とは犬同士も接触させないほうが無難です。

犬同士で遊ばせたがる飼い主さんもいます。
きっとその方の愛犬は犬同士で遊ぶのが好きなんですね。
こちらの犬が対応できる犬だったらいいと思います。

そうなると聞いてくるのはたいてい犬種、年齢、名前。
それ以上聞いてくる人、めったにいません。
こちらも踏み込んだ質問や会話はしないようにして、ちょうどいいところで
それじゃまた~
と言って立ち去りましょう。

毎日会う人でも、この一定の距離感が大切です。

 

愛犬を守るのは飼い主

何度もいいますがいろんな犬、いろんな飼い主がいます。
言いたくないけど、みんながみんないい犬でいい飼い主じゃありません。
犬を見れば威嚇してくる犬やこちらの様子お構いなしに走り寄ってくる犬、
それを制止しない飼い主。
たまにいます。

犬の散歩ですれ違う程度の相手です。
その人と犬を変えるのは無理でしょう。

自分の愛犬の安全を守ってください。
危険だな、変だな、
と思ったら挨拶なんか気にせず逃げましょう。

 

うちのざぶろうは元気な犬が苦手です。
対面から動きの派手そうな犬が来たら道の反対側に逃げます。
飼い主さんが犬同士、遊ばせたがりな方だとすれ違う時に立ち止まってきます。

そんなときは、
うちの子、犬が苦手ですみませんね~
と笑顔で言いながら足早に通り過ぎるのです。

追いかけてきたことはありません。

 

でもやっぱり、元気にこんにちは!

避け方や距離感の話ばかりしてしまいました。
でも私個人としては元気に
こんにちは!
くらい言いあえたほうがいいと思っています。

明らかに無言で話しかけるな、と言ってる人にはしませんよ。
それ以外の人です。

(あれ、あっちも犬連れだな。)
と相手がこちらの犬に気が付いていて、こわばった顔をしてない人ならば、
挨拶すれば返してくれる人がほとんどです。

こんにちはの後、
寒いですね~
暑いですね~
程度のキャッチボールをしてサヨナラです。
10秒もかかりません。

こんなご時世です。
犬がいなければ知らない人にこんにちは!なんて言えません。
大丈夫そうな人にでしたら、挨拶してみるのもいいんじゃないでしょうか。

お読みいただきありがとうございました。

-犬との日々, 犬散歩

Copyright© クリーム色の日々 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.