台風16号

空模様の日々

台風16号2022たまご発生・米軍やヨーロッパの進路予想・比較も

9月も終盤、台風が次から次へと発生しそうな日本周辺です。

台風15号が23日に発生。
同じく23日の15時に16号も発生しダブル台風になりました。

台風15号は24日に温帯低気圧に変わりました。→台風15号について

台風16号の名前はノルー。韓国の言葉でのろじか(鹿)、という意味です。
台風の名前の付け方についてはコチラ<気象庁・台風の番号の付け方と命名の方法>

この記事では台風16号の台風情報について
台風16号のたまご・熱帯低気圧は発生しているか
いつ台風になるのか
どんな進路予想か
気象庁や米軍・ヨーロッパの進路予想比較
日本への接近や上陸はあるのか
熱帯低気圧や温帯低気圧に変わるのはいつか
米軍や気象庁、ヨーロッパが出す予報をまとめていきます。

台風17号も発生!

 

台風16号 米軍の予報・進路予想

JTWCは米軍合同台風警戒センターが出す台風予報です。

▼26/0600Z 日本時間で9月26日15時00分

画像引用:JTWC

赤矢印TY18Wが台風16号です。

赤矢印TS19Wは台風17号です。

黄色丸(24時間以内の発達は考えずらい)

オレンジ丸(発達しても24時間以上かかる)

赤丸(24時間以内に発達します)

赤矢印
TD:熱帯低気圧
TS/TY:台風

この順で発達していきます。

米軍の進路予想

米軍の進路予想がこちら。

日本から離れた南の海上をほぼ西に一直線に進んでいく進路予報です。

台風16号 気象庁の予報・進路予想

気象庁の台風情報です。

▼9月26日18時の実況

台風16号がに進路をとっています。

日本に近づいてくることはなく、29日には熱帯低気圧に変わる予報です。

■26日18時の実況
強い台風
が南シナ海を西 25 km/hで移動
中心気圧980hPa 中心付近の最大風速 35m/s

■27日18時の予報
非常に強い台風
が南シナ海を西 20 km/hで移動
中心気圧950hPa 中心付近の最大風速 45 m/s

■28日15時の予報
台風
がベトナムを西 20 km/hで移動
中心気圧980hPa 中心付近の最大風速 30m/s

■29日15時の予報
熱帯低気圧
がタイを西 15 km/hで移動
中心気圧998hPa

天気図

気象庁が出している天気図です。

▼9月26日18時発表

16号は日本から遠く離れた南の海上です。

台風16号の東の海上に台風17号も確認できますね。
台風17号発生

海面水温

台風はあったまった海面で発生し、26.5℃以上になると台風が発生・発達すると言われています。

▼09月25日海面水温

引用元:気象庁HP

台風16号がある場所もピンクで台風が発達する温度です。

台風16号 Windyの予報

Windyはヨーロッパの予報センターがモデルで、予報を視覚的に確認できるサイトです。
先の予報まで見ることができます。

下の時間軸を動かして見ていくと、気象庁や米軍の予報とほぼ同じ進路予報です。

28日から勢力を落として消えていく予報です。

台風16号 まとめ

9月23日、台風15号が発生しました。
同じく23日に台風16号も発生しダブル台風になりました。

24日に台風15号は温帯低気圧に変わって台風16号ひとつになりました。
台風16号はフィリピンや南シナ海を西に移動する予報で、日本に接近や上陸する予報はどこからも確認できませんでした。

今後新しい情報が出たら更新していきます。

台風17号2022たまご発生や進路予想!米軍やヨーロッパの予想比較も

9月にはいって台風がたくさん発生しています。 9月23日に台風15号と台風16号が発生しダブル台風に。台風15号はすでに温帯低気圧に変わりましたが、16号は日本の南の海上を移動中です。 →台風16号に ...

続きを見る

台風15号2022たまご発生と進路予想・米軍やヨーロッパの予想比較

毎年大型で強い台風がやってくる9月10月、台風シーズン。 9月14日に発生した台風14号も日本を縦断し、日本に大きな影響を及ぼしていきました。 (すでに温帯低気圧に変わっています→台風14号について) ...

続きを見る

 

 

-空模様の日々
-

© 2022 クリーム色の日々 Powered by AFFINGER5