空模様の日々

2021台風18号たまご発生と進路予想・米軍と気象庁・ヨーロッパの台風情報

10月8日15時、台風18号が発生
10月14日、熱帯低気圧に変わりました。

台風18号の名前はコンパス。日本の言葉でコンパス座、円や円弧を描くためのV字型の器具のことです。
台風は最初、日本の南の海上で熱帯低気圧として現れ、その熱帯低気圧を『台風のたまご』と呼んでいます。

台風のたまごや台風の名前についてはこちらの記事→2021年の台風名前一覧と台風たまごについて

この記事では
台風18号のたまごがいつ頃発生するのか
台風になるのか
どんな進路をとるのか、気象庁や米軍・ヨーロッパの進路予想比較
日本への接近や上陸はあるのか
熱帯低気圧や温帯低気圧に変わるのはいつか
米軍や気象庁、ヨーロッパが出す予報をまとめていきます。

▼台風19号がこちら
2021台風19号発生!進路予想・米軍と気象庁の台風情報・日本への上陸・影響は

\\\楽天ランクイン商品///

台風18号 気象協会の予報・台風情報

解説いりの気象協会さんです。

台風18号(コンパス)は、10月14日(木)午後9時にベトナムで熱帯低気圧に変わりました。

情報引用:気象協会HP

台風18号 米軍の予報・台風情報

こちらJTWCは米軍合同台風警戒センターが出す台風予報です。

▼14/1800Z 日本時間で10月15日03時00

画像引用:JTWC

赤矢印TD24Wが台風18号です。

熱帯低気圧に変わってますが白い雲が残っています。

進路予想

米軍から出ている進路予想です。

画像引用:JTWC

日本から遠く離れた場所での台風でした。

台風18号 気象庁の予報・台風情報

気象庁の台風情報です。

▼10月15日08時の台風情報

引用元:気象庁HP

緑の18が台風18号だったものです。

10月14日21時45分発表

■14日21時の実況
台風がベトナムを西南西 20km/hで移動
中心気圧1004hPa

15日に熱帯低気圧に変わる予報でしたが、予報より早く熱帯低気圧に変わりました。

 

台風18号 Windyの予報

Windyはヨーロッパの予報センターがモデルで、予報を視覚的に確認できるサイトです。

▼15日00時の画像

画像引用元:Windy

赤枠のところが熱帯低気圧に変わった後の台風18号です。
一時は超大型でとても大きな台風になりました。

台風18号 まとめ

10月8日15時に台風18号が発生しました。
台風19号も発生してダブル台風になりましたが、14日に熱帯低気圧に変わりました。

これで台風18号のリポートを終わります。

-空模様の日々
-

© 2021 クリーム色の日々 Powered by AFFINGER5