空模様の日々

2021台風16号発生!進路予想・日本上陸は?米軍・気象庁・ヨーロッパの予報

9月23日21時、台風16号が発生しました。
10月2日09時、温帯低気圧に変わりました。

台風16号の名前はミンドゥル。北朝鮮の言葉でたんぽぽを意味します。
台風は最初、日本の南の海上で熱帯低気圧として現れ、その熱帯低気圧を『台風のたまご』と呼んでいます。

台風のたまごや台風の名前についてはこちらの記事→2021年の台風名前一覧と台風たまごについて

この記事では
どんな進路予想なのか
日本への上陸や接近はあるのか
熱帯低気圧や温帯低気圧に変わるのはいつか
日本への影響はあるのか
米軍や気象庁、ヨーロッパが出す予報をまとめていきます。

過去に大きな被害をもたらした台風19号と進路が似ているとのことです。

▼台風19号のついての記事
【台風19号東日本台風2019】東京千葉神奈川静岡の洪水ハザードマップ警報・雨雲レーダー・避難勧告をチェック!

▼天気のいいうちに台風対策をしておきましょう。

 

\\\テープが台風対策に大活躍します///

台風16号 気象協会の予報・台風情報

解説が入る気象協会さんです。

台風16号は、10月2日(土)午前9時に日本の東で温帯低気圧に変わりました。東日本太平洋側から東北太平洋側では、きょう2日昼前にかけて、うねりを伴って大しけとなる所がある見込みです。高波に警戒・注意してください。

9月23日(木)午後9時にマリアナ諸島で発生した台風16号は、発達しながら北上し、9月26日(日)には、一時、一番上のレベルの「猛烈な」勢力に発達しました。

10月1日(金)午前中は「大型」で「非常に強い」台風として八丈島に最も接近し、午後にかけて伊豆諸島や千葉県を暴風域に巻き込みながら進みました。10月1日(金)の最大瞬間風速は、千葉県銚子市で41.8m/s、三宅島の坪田で41.7m/sを観測しました。

その後、台風は、関東沖を北東へ進み、10月2日(土)午前9時に日本の東で温帯低気圧に変わりました。

 画像・情報引用元:気象協会HP

台風16号 米軍の予報・台風情報

こちらJTWCは米軍合同台風警戒センターが出す台風予報です。

▼01/2100Z 日本時間で10月02日06時00

画像引用:JTWC

赤矢印TS20Wが台風16号です。

すでに温帯低気圧に変わっています。

米軍 進路予想

画像引用:JTWC

日本の太平洋側に沿って進み上陸はしませんでした。。

台風16号 気象庁の予報・台風情報

気象庁の台風情報です。

▼10月02日10時の台風情報

引用元:気象庁HP

緑の16が台風16号です。

10月02日09時50分発表

■02日009時の実況
温帯低気圧が日本の東を北東 45km/hで移動
中心気圧966hPa

3日に温帯低気圧に変わる予報でしたが、2日に早まりました。

台風16号 Windyの予報

Windyはヨーロッパの予報センターがモデルで、予報を視覚的に確認できるサイトです。

▼10月02日09時の画像

画像引用元:Windy

日本のすぐ東の赤い風の塊が温帯低気圧に変わった台風16号です。
台風ではなくなったあとも強い風かが吹いているのがわかります。

台風16号 まとめ

9月23日、台風15号と16号が発生しました。
15号は24日に消滅。

台風16号は大型で非常に強い台風で日本に接近しましたが、上陸はせず。
日本の太平洋側に沿って進んでいき、10月02日に温帯低気圧に変わりました。

これで台風16号のリポートを終わります。

▼ハザードマップのチェックもしておきましょう。

-空模様の日々
-

© 2021 クリーム色の日々 Powered by AFFINGER5