空模様の日々

2021台風2号情報スリゲ進路予想・気象庁や米軍Windyの予報

更新日:

4月14日、台風のたまごが発達し台風2号が発生。
25日の09時に温帯低気圧に変わりました。

台風2号の名前はスリゲ。北朝鮮の言葉で鷲です。

台風のたまごや台風の名前についてはこちらの記事→2021年の台風名前一覧と台風たまごについて

2021年の台風2号の発生と米軍や気象庁、Windyの進路予想などから最新の台風情報のまとめです。

台風3号のたまごはこちら→2021台風3号チョーイワンたまご発生や進路予想!米軍・気象庁・Windyの予報

 

台風2号 気象協会の予報

わかりやすい解説が入る気象協会さんです。

4月14日3時にカロリン諸島で発生した台風2号は、海面水温の高い海域を西よりに進み、17日3時にはカロリン諸島で「大型」で「非常に強い」勢力に、21時にはフィリピンの東で「猛烈な」勢力にまで発達しました。その後、台風はフィリピンの東をゆっくりと北上。22日から23日夜にかけて沖縄の南を東進し、きょう(25日)09時に日本の南で温帯低気圧に変わりました。発生から11日が経過し、4月としては17年ぶりに台風の寿命が10日を超える長寿台風になりました。台風2号の影響で大東島地方では荒れた天気になり、北大東空港ではきのう(24日)午前5時過ぎに30.9メートルの最大瞬間風速を観測、南大東島ではきのう(24日)12時40分までの24時間に108.0ミリの雨量を観測し、大雨になりました。

情報元:気象協会HP

25日09時に日本の南で温帯低気圧に変わりました。

台風2号 米軍の予報

こちらJTWCは米軍合同台風警戒センターが出す台風予報です。
発生時の情報です。

 

22

23/2230Z 日本時間で24日07時30

画像引用:JTWC

白い雲の塊の赤矢印TY02Wが台風2号です。

丸く空いた台風の目がはっきりわかりました。

進路予想

沖縄に向かっていましたが東に進路を変えていき温帯低気圧に変わりました。

台風2号 気象庁の予報

▼4月24日12時45分の台風情報

引用元:気象庁公式HP

2、と表示されている黄色円が台風2号でした。

25日09時に温帯低気圧に変わりました。

天気図

気象庁が出している天気図です。
温帯低気圧に変わっていますが、26日も強い低気圧です。

▼4月26日09時 実況天気図

引用元:気象庁HP

台風2号 Windyの予報

Windyはヨーロッパの予報センターがモデルで、予報を視覚的に確認できるサイトです。

▼4月26日00時の画像

画像引用元:Windy

温帯低気圧に変わった後の画像ですが、強く風が吹いて渦巻いているのがわかります。

台風2号 まとめ

2021年4月14日、台風2号が発生しました。
一時は猛烈な勢いの台風となりニュースでも騒がれていました。
日本に上陸することなく25日09時に温帯低気圧に変わりました。

台風2号のレポートはこれでおわります。

台風3号はこちら→2021台風3号チョーイワンたまご発生や進路予想!米軍・気象庁・Windyの予報

-空模様の日々
-

Copyright© クリーム色の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.