空模様の日々

2021台風10号情報たまご発生から進路予想・米軍や気象庁の台風情報や予想

更新日:

8月5日、台風10号が発生。
8月10日。温帯低気圧に変わりました。

一時は台風9号と11号も同時に発生してトリプル台風と世間で騒がれました。

台風10号の名前はミリネ。韓国の言葉で「天の川」という意味があります。
台風は最初、日本の南のあったまった海の上で熱帯低気圧で現れます。その熱帯低気圧が『台風のたまご』になります。

台風のたまごや台風の名前についてはこちらの記事→2021年の台風名前一覧と台風たまごについて

7月の下旬から台風のたまごができやすい環境になっている、と言わるなかでの発生でした。
台風10号のたまごがいつ頃発生するのか
いつ台風になるのか
どんな進路予想なのか
熱帯低気圧や温帯低気圧に変わるのはいつか
日本への上陸や影響はあるのか
影響が出そうな場所のライブカメラ情報
米軍や気象庁、ヨーロッパが出す予報をまとめていきます。

台風9号→2021台風9号情報たまご発生と進路予想・米軍と気象庁の台風情報と予報
台風11号→2021台風11号情報たまご発生と進路予想・米軍や気象庁の台風情報や予想まとめ
台風12号→2021台風12号たまご発生と進路予想・米軍や気象庁の台風情報と予報まとめ

\\\虫よけもおしゃれに///

台風10号 気象協会の予報

わかりやすい解説入りです。

台風10号は、8月5日(木)午後3時に、那覇市の北東、約120キロで発生し、北東へ進みました。8日には台風10号は、関東に接近しました。8日は千葉県勝浦市で1時間に58.5ミリの非常に激しい雨を観測しました。

その後、台風10号は日本の東へに進み、8月10日(火)午前9時に日本のはるか東で温帯低気圧に変わりました。

情報引用:気象協会HP

台風10号 米軍の予報・台風情報

こちらJTWCは米軍合同台風警戒センターが出す台風予報です。

▼10/0600Z 日本時間で08月10日15時00

画像引用:JTWC

台風10号の表示は既にありません。
赤矢印TS13Wは同時に発生していた台風9号です。

米軍 進路予想

米軍さんの進路予想がこちら。

画像引用:JTWC

ゆるやかなカーブで太平洋に行きました。

台風10号 気象庁の予報・台風情報

日本の気象庁からは台風情報や天気図、海面水温を知ることができます。

気象庁 台風情報

気象庁の台風情報です。

▼8月10日11時の台風情報

引用元:気象庁HP

8月10日09時50発表 

■10日09時の実況
温帯低気圧が日本のはるか東を東 45km/hで移動
中心気圧998hPa

10日の9時に温帯低気圧に変わりました。

台風10号 Windyの予報

Windyはヨーロッパの予報センターがモデルで、予報を視覚的に確認できるサイトです。

▼10日9時の画像

画像引用元:Windy

温帯低気圧に変わった時刻の画像です。
まだ回転も強く渦まいている状態でした。

台風10号 まとめ

8月5日、台風10号が発生しました。
同時に台風9号11号も発生し、トリプル台風になりました。
台風9号→2021台風9号情報たまご発生と進路予想・米軍と気象庁の台風情報と予報
台風11号→2021台風11号情報たまご発生と進路予想・米軍や気象庁の台風情報や予想まとめ

8月10日、温帯低気圧に変わりました。

これで台風10号のリポートを終わります。

▼台風の備えもチェック!

-空模様の日々
-

Copyright© クリーム色の日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.