空模様の日々

2020台風22号ヴァムコー発生!気象庁や米軍・ヨーロッパの進路予想と予報まとめ

更新日:

2020年は台風が上陸しないまま終わっていくんでしょうか。
11月に入ってからも台風は発生していますが、日本に接近しそうなものはありません。

11月9日、台風22号が発生。
11月16日、熱帯低気圧に変わりました。

台風22号の名前は「ヴァムコー」
ベトナムが提案した言葉でベトナム南部の川の名前を意味します。
台風の名前の付け方についてはコチラ<気象庁・台風の番号の付け方と命名の方法>

台風22号のたまご発生からいつ台風になっていつ消滅したのか、進路予想を米軍や気象庁、ヨーロッパの予報を見まとめです。

台風20号はこちら→2020台風20号アッサニーたまご発生・米軍や気象庁・ヨーロッパの予報まとめ

台風22号 気象協会の予報

解説入りの気象協会さんの予報です。

台風22号(ヴァムコー)は、11月9日午後3時にフィリピンの東で発生しました。その後は西よりに進み、12日にはフィリピンのマニラなどに広く浸水被害をもたらすなど、大きな影響を与えました。その後は南シナ海を西よりに進んで、一時は中心気圧が950hPaまで下がり、「非常に強い」勢力に発達しました。15日午後6時にベトナムに上陸した後、16日午前0時にラオスで熱帯低気圧に変わりました。

引用元:気象協会HP

大きな被害が出ました。

台風22号 米軍の予報

こちらJTCは米軍合同台風警戒センターが出す台風予報です。

15/1800Z 日本時間で16日03時00

引用元:JTWC

TS25Wが台風22号です。

今後表示が消えるでしょう。

進路予想

発生してからずっと西か西北西に進路をとって消えていきました。

台風22号 気象庁の予報

11月16日確認できる台風情報 ↓

引用元:気象庁公式HP

22が台風22号です。

■11月16日00時 実況
ラオスで熱帯低気圧に変わり西北西に20km/hで移動。
中心気圧1012hPa。

台風22号 Windyの予報

Windyはヨーロッパの予報センターがモデルで、風の動きの予報を視覚的に確認できるサイトです。

■11月16日00時の画像

台風22号が熱帯低気圧に変わった時間の画像です。
すでに台風の形をしていませんが強い風が吹いていそうです。

台風22号ヴァムコー たまごから消滅まで まとめ

日本は寒い11月になっていますが、南の海上はまだ暑く台風が発生しています。

11月9日台風22号が発生しました。
日本には来ませんがフィリピンやマニラで大きな被害を出しました。
11月16日0時にラオスで熱帯低気圧に変わりました。

これで台風22号のリポートを終わります。

台風21号はこちら→2020台風21号アータウたまご発生と進路予想!気象庁や米軍・ヨーロッパの予報まとめ

-空模様の日々
-

Copyright© クリーム色の日々 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.