空模様の日々

2020台風19号コーニーたまごと進路予想|米軍・気象庁やヨーロッパの予報

更新日:

10月29日午前3時、台風19号が発生。
11月6日午前3時、熱帯低気圧に変わりました。

10月に入って6個めの台風発生でした。

  台風19号の名前は「コーニー」
韓国が提案した言葉では白鳥の名前を意味します。
台風の名前の付け方についてはコチラ<気象庁・台風の番号の付け方と命名の方法>

台風19号たまごが発生しそうなのか、発生したらいつ台風になるのか、日本への影響はあるのか、気象庁と米軍、ヨーロッパの予報を見ていきます。

台風19号 気象協会の予報

わかりやすい解説の入る気象協会さんです。

台風19号(コーニーGONI)は、10月29日午前3時、フィリピンの東で発生しました。
台風は西よりに進み、フィリピンを通過したあと、南シナ海に進みました。その後も西よりに進んで、6日午前3時に南シナ海で熱帯低気圧に変わりました。
この間、台風19号の中心気圧は905ヘクトパスカルと、今年発生した台風の中で最も低い中心気圧を記録し、中心付近の最大風速は60m/sと最も強い勢力になりました。
なお、この台風による日本への直接の影響はありませんでした。

引用元:気象協会HP 

日本にはきませんでしたが、中心気圧も低くなりとても強い台風でした。

台風19号コーニー たまごから消滅まで まとめ

台風列島日本!と思ってましたが2020年は上陸した台風がないまま10月が終わりました。

24日に米軍から台風のたまごが発表され28日に台風表示の赤矢印になりました。
29日03時に台風19号が発生しました。
11月6日午前3時に南シナ海で熱帯低気圧に変わりました。

これで台風19号のリポートを終わります。

 

-空模様の日々
-

Copyright© クリーム色の日々 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.