空模様の日々

2020台風18号たまご発生と進路予想!気象庁・米軍・ヨーロッパの予報まとめ

更新日:

10月25日、台風18号モラヴェが発生。
29日、熱帯低気圧に変わりました。

10月に入って次々と台風が発生しています。
次の台風19号はこちら→2020台風19号コーニーたまごと進路予想|米軍・気象庁やヨーロッパの予報

 台風18号の名前は「モラヴェ」
フィリピンが提案した言葉で木の名前を意味します。
台風の名前の付け方についてはコチラ<気象庁・台風の番号の付け方と命名の方法>

台風18号たまごの発生や進路予想、日本への影響はあるのか、気象庁と米軍、ヨーロッパが出す予報を見ていきます。

台風18号 気象協会の予報

台風18号(モラヴェ)は、10月25日午前3時、フィリピンの東で発生しました。台風は西よりに進み、フィリピン付近を進んだあと、南シナ海を通過しました。その後も西よりに進んで、ベトナムからラオスに進み、29日午前9時にタイで熱帯低気圧に変わりました。

なお、この台風による日本への直接の影響はありませんでした。

引用元:気象協会HP

台風18号 米軍の予報

こちらJTCは米軍合同台風警戒センターが出す台風予報です。

今回も台風たまごの発表も台風発生の発表も早かったです!

28/1745Z 日本時間で29日02時45分

引用元:JTWC

TY21Wが台風18号です。

24日に台風のたまごとして発生が確認され、25日に台風18号になりました。
まだ表示が残ってますが、今後消えていきます。

図の見方

黄色丸(24時間以内の発達は考えずらい)

オレンジ丸(発達しても24時間以上かかる)

赤丸(24時間以内に発達します)

赤矢印
TD:熱帯低気圧
TS/TY:台風

この順で発達していきます。

米軍では21日に赤矢印でナンバーを付けた20Wが出現していました。しかし日本では台風として扱われないまま消滅しました。
過去にもナンバーがついて台風扱いになるものの、名前がつかないまま消えてったものがいくつもあります。
2020年、名前のつかなかった台風はこちら→2020台風11号ノウルたまご発生から消滅・米軍や気象庁の進路予想とヨーロッパの情報も

進路予想

進路はほぼ西か北西です。
日本に来ることはありませんでした。

台風18号 気象庁の予報

10月29日09時確認できる台風情報 ↓

引用元:気象庁公式HP

25日、18の台風18号が発生、29日に熱帯低気圧に変わりました。

■10月29日09時 実況
タイで熱帯低気圧に変わり西に20km/hで移動。
中心気圧1004hPa。

予報通り29日に熱帯低気圧に変わりました。

台風18号 Windyの予報

Windyはヨーロッパの予報センターがモデルで、風の動きの予報を視覚的に確認できるサイトです。

■10月29日09時の画像

画像引用:Windy

台風18号が熱帯低気圧に変わった時間帯の画像です。
赤丸の地点に台風18号の残骸があります。強く風が吹き込んでますが、すでに回転を失っています。

台風18号 たまごから消滅まで まとめ

25日、台風18号が発生しました。
どこの進路予想を見てもずっと西に進む進路予想がでていました。

ほぼ予報通りの進路をとって、29日熱帯低気圧に変わりました。

これで台風18号のリポートを終わります。

台風19号はこちら→2020台風19号コーニーたまごと進路予想|米軍・気象庁やヨーロッパの予報

-空模様の日々
-

Copyright© クリーム色の日々 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.