記事上リンクユニット

空模様の日々

台風19号2019ハギビスたまご発生から進路予想!米軍・気象庁の予報・日本上陸や交通機関への影響は?

更新日:

2019年10月6日、台風19号ハギビスのが発生しました。猛烈な台風に発達しこれから上陸が予想されています。
『今までに経験したことがないほどの雨が降り風が吹きます。』と天気予報士が言っていました。経験したことがないほど...恐怖です。
想定外のことが起きると思ってなければいけません。家が水没?土砂崩れ?竜巻?電柱が倒れる?車が倒れる?想定外ですから考えてもわかりません。
なにが起きても冷静に素早く行動をしなければなりませんね!

台風の名前はあらかじめ140個準備されていて発生した順にその名前がついていき、次の台風は19号「ハギビス」になります。
台風の名前の付け方についてはコチラ<気象庁・台風の番号の付け方と命名の方法>

ハギビスはフィリピンの言葉で『すばやい』だって!

台風19号の進路予想と日本への上陸・影響はどうなる、計画運休は実行されるのか、気象協会や米軍、Windyの情報を元に発信していきます。

警報やハザードマップはこちらをご利用ください。

現在~今後の予報

2019年10月12日16時に確認できる情報です。

気象協会の予報

大型で非常に強い台風第19号は、12日15時現在、下田市の南南西約130kmにあって、北北東へ毎時30kmで進んでいます。中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45m/sです。この台風は、13日3時には仙台市の東南東約90kmに達し、台風はこの後、温帯低気圧に変わり、13日15時には北海道の東に達するでしょう。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。

引用元:気象協会HP

実況

実況日時 12日16時現在
存在地域 下田市の南西約90km
方向・速さ 北北東に35km/h
中心気圧 945hPa
最大風速 45m/s
最大瞬間風速 60m/s

6時間後予報

予報日時 12日21時
存在地域 ---
方向・速さ 北北東に45km/h
中心気圧 960hPa
最大風速 40m/s
最大瞬間風速 60m/s

12時間後予報

予報日時 13日03時
存在地域 仙台市の東南東約90km
方向・速さ 北東に55km/h
中心気圧 975hPa
最大風速 35m/s
最大瞬間風速 50m/s

24時間後予報※温帯低気圧

予報日時 13日15時
存在地域 北海道の東
方向・速さ 東北東に75km/h
中心気圧 984hPa
最大風速 30m/s
最大瞬間風速 45m/s

12日の朝から13日の朝にかけて日本に上陸し駆け抜けていく進路です。強い勢力のため離れた場所でも大雨強風が吹きそうです。
14日には温帯低気圧に変わる予報です。

この雨はいつまで降るんでしょう。

 

夜まで断続的に激しい雨 猛烈な雨も
東海は夕方から夜に台風本体のさらに活発な雨雲がかかるでしょう。関東甲信は台風の中心が近づくにつれて風が強まるため、午後は風がぶつかる南東側に開いた山沿いを中心に発達した雨雲がかかります。断続的に雨が降り、平野部も含めた広い範囲で滝のような非常に激しい雨が降るでしょう。局地的には1時間に90ミリ以上の、息苦しくなるほどの猛烈な雨が降る恐れがあります。広範囲での雨のピークは夜9時頃にかけてで、西から雨は徐々に弱まってきますが、川の水かさは雨がやんだあとにさらに上昇することがあります。川には決して近づかないようにしてください。

風のピークはこれから
午前11時には東海地方が台風の暴風域に入っており、関東地方も沿岸部の一部が暴風域に入りはじめました。風のピークは、東海は夕方、関東甲信は夜です。経験したことのないような暴風が吹き荒れる恐れがあります。東海は今夜遅くにかけて、関東甲信はあす13日明け方にかけて暴風に厳重な警戒が必要です。

引用元:気象協会HP

東海は夕方、関東甲信は夜がピークだって!

まだこれからが雨のピークです。その後も暴風が吹くとのこと、風に乗ってなにが飛んでくるかわかりません。ちょっと様子見に外に、なんてことはやめましょう。吹き込む風で転倒する人も多くいます。

安全な場所で過ごしてください。

米軍の予報

今回も台風や熱帯低気圧の発見、発表が早かった米軍さん。

12/06Zから12/18Z(日本時間で12日15時から13日03時)に日本を駆け抜けて行く進路予想になってます。

台風19号はアメリカでも注目されています。

台風19号「ハギビス」の動きが、アメリカでも注目されている。現地報道では、「カテゴリー5のスーパータイフーン・ハギビスが週末の日本を狙っている」といったものだ。

台風19号の勢力はハリケーンに使われるカテゴリーの最大レベル5に匹敵し、スーパータイフーンと呼ばれている。今年カテゴリー5まで発達した低気圧は、ハリケーンドリアンに始まり、これで4つ目。
台風とハリケーンはどちらも発達した熱帯低気圧のことで、位置によって呼び方が変わり、わずかな基準が違うだけだ。

台風の規模が大きいと上空のジェット気流に影響を与え、ゆくゆくはアラスカやカナダ、米国西海岸の天気に影響する。

「2009年には、日本に上陸した台風が数日かけてカリフォルニアまでやってきて、雨や風をもたらし、農作物などに被害を出したことがありました。今回の台風19号は、海の向こう側でも軽視していられない状況なんです」

引用元:Yahoo!ニュース

ハリケーンの強さのレベルでも最強のカテゴリー5!
あまりにも大きいと米国西海岸に影響したり、海を越えてカリフォルニアに行ったりすることもあったとは。

アメリカでもスーパータイフーン19号は注目されています。

Windy

雲だけじゃなく、大気の動きが見てわかるWindyさんで見てみましょう。
下の時間を動かすと9日先までの大気の動きがみることができます。

引用元:Windy

矢印が集まりすぎて真ん中は真っ白の回転渦ですね。恐ろしい...
時間軸を動かしてみて行くと風の向きがどんどん変わっていきます。
暴風が吹き荒れるのでお気を付けください。

交通機関への影響

3連休に影響が出そうです。通勤通学の人は少ないでしょうが、どんなことがあっても出かけなければいけない人もいますよね。
運休や遅れなど調べてからお出かけください。

計画運休

最近実施されるようになった計画運休。安全を第一に考え、危険な天気の中での運行は事故になるのでいいこと思います。

鉄道各社から発表がありました。

JR東海は、12日土曜日の朝から東海道新幹線の「計画運休」を実施すると発表しました。東京と名古屋の間は始発から終日、運転を見合わせます。

JR西日本は、12日土曜日午前から山陽新幹線の新大阪と岡山の間で「計画運休」を実施すると発表しました。

また、JR東日本は首都圏や静岡県の一部の在来線の路線について、12日土曜日の午前9時以降、順次、運転を取りやめることを決めました。また、東北・山形・秋田・北陸・上越の各新幹線は、12日土曜日の午前11時以降に出発する列車から本数を減らして運転し、その後、運休することを決めました。

さらに、首都圏の私鉄では、東京メトロや小田急電鉄などが12日土曜日から13日日曜日にかけての「計画運休」を決めました。

そのほかの鉄道各社でも12日土曜日から13日日曜日にかけて、「計画運休」を行う可能性があるとしていて、実施する場合は11日の昼以降に公表するとしています。会社のホームページやSNSなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

JR東海 東海道新幹線
JR東海によりますと、台風19号は暴風域を伴って、東海道新幹線の沿線に接近する見込みとなったことから、12日土曜日の朝から東海道新幹線の計画運休を実施することを決めました。計画では、東京と名古屋の間は、始発から終日運転を見合わせます。

また、名古屋と新大阪の間については、
▼下りが、午前6時台に名古屋を出発する「のぞみ95号」「ひかり491号」「こだま691号」、
▼上りが午前6時台に新大阪や西明石を出発する「のぞみ200号」「ひかり504号」「のぞみ100号」を除き、列車の運転を取りやめるということです。
運転する上り下り、あわせて6本の列車はすべて各駅に停車するほか、上りの3本の列車は名古屋止まりとなります。

JR東海によりますと、13日日曜日については、台風の影響が弱まって安全確認ができれば運転を開始する予定ですが、列車の本数を減らしたり、運転を取りやめたりする場合もあるとしていて、運転計画を十分に確認して欲しいと呼びかけています。

(11日 午前10時45分時点)
JR西日本 山陽新幹線
JR西日本は、12日土曜日午前から山陽新幹線の新大阪と岡山の間で「計画運休」を実施すると発表しました。

発表によりますと、12日土曜日、「計画運休」が実施されるのは、新大阪と岡山の間で、▼下りは、午前10時29分に新大阪を出発する博多行きの「こだま739号」、▼上りは、午前8時47分に、博多を出発する新大阪行きの「さくら542号」を最後に、終日、運転を取りやめます。

岡山と博多の間も、大幅に本数を減らした運行になるということです。

JR西日本では、12日土曜日の利用を予定していた乗客に対して、できるだけ11日のうちに移動するよう呼びかけていて、11日金曜日午後2時29分に博多を出発する新大阪行きの「ひかり864号」を臨時列車として運転することにしています。

また、13日日曜日は、台風が弱まり、安全確認ができれば、運転するとしていますが、取りやめる場合もあるとして、JR西日本では、ホームページなどで最新の運転計画を確認して欲しいとしています。

(11日 午後0時30分時点)
JR東日本 東北・上越など各新幹線
東北・山形・秋田・北陸・上越の各新幹線は、上り線下り線とも、12日土曜日、午前11時以降に出発する列車から本数を減らして運転し、その後、運休するとしています。

計画運休は、少なくとも13日・日曜日の昼頃まで予定していて、台風の被害があれば、長期化するおそれもあるとしています。JR東日本はホームページなどで最新の情報を確認するよう、呼びかけています。

(11日 午後0時15分時点)
JR東日本 首都圏の在来線
JR東日本は、首都圏全域と静岡の一部の在来線は12日土曜日の午前9時ごろから、順次、運転を取りやめることにしています。

JR東日本が発表した「計画運休」の詳細は以下の通りです。

▼12日土曜日、午前9時ごろに運転を取りやめるのは、
▽静岡県の熱海市と伊東市を結ぶ伊東線です。

▼12日土曜日、午前10時ごろに運転を取りやめるのは、
▽東海道線、▽横須賀線、▽京葉線、
▽相模線、▽東金線、▽鹿島線、
▽中央本線の高尾駅と小淵沢駅の間、
▽総武本線の佐倉駅と銚子駅の間、
▽成田線の我孫子駅と成田駅の間、成田駅と銚子駅の間、
▽内房線の君津駅と安房鴨川駅の間、
▽外房線の上総一ノ宮駅と安房鴨川駅の間です。

▼12日土曜日、午前11時ごろに運転を取りやめるのは、
▽横浜線、▽八高線、
▽青梅線の青梅駅と奥多摩駅の間です。

▼12日土曜日、正午ごろに運転を取りやめるのは
▽京浜東北・根岸線、▽中央線快速、▽中央・総武線、
▽総武線・快速、▽埼京線、▽川越線、
▽宇都宮線、▽高崎線、▽武蔵野線、
▽常磐線・快速、▽常磐線・各駅停車、▽烏山線、
▽吾妻線、
▽総武本線・成田線の千葉駅と成田空港駅の間、
▽常磐線の取手駅と水戸駅の間、
▽青梅線の立川駅と青梅駅の間、
▽内房線の千葉駅と君津駅の間、
▽外房線の千葉駅と上総一ノ宮駅の間です。

▼12日土曜日、午後1時ごろに運転を取りやめるのは
▽山手線、▽南武線、▽鶴見線、
▽五日市線、▽両毛線、▽上越線、
▽信越線、▽水戸線、▽水郡線、▽日光線、
▽常磐線の水戸駅と福島県のいわき駅の間です。

このほか、湘南新宿ラインと上野東京ラインは終日運転を見合わせるほか、前回の台風15号で被害を受けた久留里線も終日運転を見合わせるということです。

計画運休は少なくとも13日・日曜日の昼頃まで予定していて、台風の被害があれば、長期化するおそれもあるとしています。JR東日本はホームページなどで最新の情報を確認するよう、呼びかけています。

(11日 午後0時10分時点)
東京メトロ
東京メトロは12日土曜日から13日日曜日にかけて「計画運休」を実施することを決めました。

東京メトロによりますと、12日土曜日は、午後1時ごろから終日、地上を走る区間を中心に運転を取りやめるということです。

運転を取りやめることになったのは以下の路線です。
▽丸ノ内線は茗荷谷駅から銀座駅の区間、
▽日比谷線は北千住駅から南千住駅の区間、
▽東西線は東陽町駅から西船橋駅の区間、
▽千代田線は北千住駅から北綾瀬駅の区間、
▽有楽町線は和光市駅から地下鉄成増駅の区間と豊洲駅から新木場駅の区間、
▽副都心線は和光市駅から地下鉄成増駅の区間です。

また、13日日曜日は同じ区間で始発から午前中にかけて運転を取りやめる可能性があるということです。

東京メトロはホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

(11日 午後0時50分時点)
東京都交通局
都営地下鉄は12日土曜日の午後2時以降、一部の路線で計画運休を実施することを決めました。▽都営三田線では本蓮沼駅と西高島平駅の間、▽都営新宿線では大島駅と本八幡駅の間で、12日土曜日の午後2時から終日、運転を見合わせます。

また、▽日暮里・舎人ライナーと▽都電荒川線も全線で12日土曜日午後2時から終日、運転を見合わせます。

一方、13日日曜日は始発の時間を繰り下げたり運行本数を大幅に減らしたりする見込みで、東京都交通局ではホームページなどで最新の運行情報を確認するよう呼びかけています。

(11日 午後2時30分時点)
小田急電鉄
小田急電鉄は、12日土曜日から13日日曜日の午前中まで、運転の本数を減らしたり、運転を見合わせたりすることを決めました。

小田急電鉄によりますと、▽12日土曜日は正午以降の列車本数を減らし、その後、午後3時以降の運転を見合わせるということです。

また、▽13日日曜日は始発から午前中の点検が終わるまでは運転を見合わせて、運転再開の見込みは点検を終えた後に判断するとしています。

一方、特急ロマンスカーと東京メトロ・千代田線との直通運転については、12日土曜日は終日、運転を見合わせることを決めています。

(11日 午前11時20分時点)
京王電鉄
京王電鉄は、京王線と京王井の頭線の全線で、12日土曜日の正午以降、順次、運行の本数を減らし、おおむね午後2時ごろまでには、運転を取りやめるということです。

また、13日日曜日は、台風の進路などを確認した上で、運転を再開するかどうか判断するということです。

(11日 午後1時50分時点)
西武鉄道
西武鉄道は、12日土曜日の午後1時以降、全線で順次、運転を取りやめることを決めました。

「計画運休」は、13日日曜日の午前中まで予定されていますが、台風の進路などによっては、計画が変わる場合があるということで、ホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

(11日 午後0時35分時点)
東京モノレール
東京モノレール羽田空港線は、台風19号の接近に伴い計画運休することを決め、12日土曜日の午後4時ごろから全線で運転を見合わせるということです。

また、13日の日曜日については、始発から全線で運転を見合わせて、設備の安全確認を行ったうえで運転再開を判断するということです。

(11日 正午時点)
東武鉄道
東武鉄道は伊勢崎線や東上線などすべての路線で「計画運休」を行うことを決めました。

▼12日土曜日の午前11時ごろから順次、運転の本数を減らし、午後1時ごろから終日運転を取りやめるということです。

また、▼13日日曜日も始発から運転を取りやめ、天候が回復したあとに設備を点検し、運転再開を判断するとしています。

(11日 午後1時35分時点)
相模鉄道
神奈川県の横浜駅から海老名駅などを結ぶ相模鉄道は、台風19号の接近に伴い、12日土曜日の午前10時ごろから順次、運転の本数を減らし、午前11時ごろからは終日運転を見合わせることを決めました。また、13日日曜日は台風の影響しだいで運転を見合わせる場合があるとしています。

(11日 午前11時30分時点)
東武鉄道
東武鉄道は、有料の特急について、12日の午前9時から13日正午まで運休することを決めたほか、12日から13日にかけて全線で計画運休を行う可能性があります。詳細な情報は11日午後1時ごろに公表するとしています。
東急電鉄
東急電鉄は、12日から13日午前中にかけて運転本数を減らしたり運転を取りやめる予定で、詳細な情報は11日の昼ごろに公表するとしています。
箱根登山鉄道
神奈川県の箱根登山鉄道は、12日土曜日は、午前10時台から午前11時台の列車を最後に、運休することを決めました。

12日土曜日の最終となる列車は、▼箱根湯本発 強羅行きが午前10時37分、▼強羅発 箱根湯本行きが午前10時38分、▼小田原発 箱根湯本行きが午前11時7分、▼箱根湯本発 小田原行きが午前11時15分です。

また、強羅駅と早雲山駅を結ぶ箱根登山ケーブルカーも、12日土曜日は午前10時21分を最終とし、それ以降は運休することが決まっています。

13日日曜日は、鉄道もケーブルカーも始発から運休が決まっていて、安全が確認できしだい、運転を再開する予定です。

(11日 午後1時55分時点)
その他の私鉄
また、12日以降、「計画運休」を行う可能性があるとしているのは、京王電鉄、多摩都市モノレール、東京都交通局、つくばエクスプレス、ゆりかもめ、東京臨海高速鉄道です。

「計画運休」を行う場合、多くの鉄道会社では、11日の昼以降に、詳細な情報を発表することにしています。ただ、台風の進路や速度によっては公表のタイミングが変わる可能性があるとしていて、鉄道各社は、「最新の運行情報をホームページやツイッターなどで確認してほしい」としています。

引用元:NHK News WEB

計画運休は鉄道各社で実施されます。各社細かく決まっています。
駅で立ち往生しないよう、出かけなければいけない人は調べてから行動してください。

空の便

羽田・成田発着の国内線でも欠航が決まっています。

台風19号の接近に伴い、12日の国内の空の便は合わせて1279便の欠航が決まっています。

日本航空は、全国各地の空港を発着する513便が欠航します。
このうち、羽田と成田を発着する便はほとんどが欠航します。

全日空は、全国各地の空港を発着する合わせて490便が欠航します。
このうち、羽田と成田を発着する便は全便が、中部と関西を発着する便はほとんどが欠航します。

スカイマークは、各地を結ぶ111便で、朝方の便を除きほとんどが欠航します。

フジドリームエアラインズは、県営名古屋や静岡などを発着する合わせて62便が欠航します。

エア・ドゥは、羽田や千歳などを発着する54便で、朝方の便を除きほとんどが欠航します。

ジェットスターは、成田を中心に各地の空港を発着する35便、エアアジア・ジャパンが中部や新千歳、仙台を結ぶ合わせて8便が欠航します。

日本エアコミューターは、大阪と但馬や屋久島を結ぶ合わせて6便が欠航します。

一方、国際線は、全日空は112便が欠航し、一部の早朝・深夜便を除き羽田と成田を発着する便はほとんどが欠航します。日本航空も羽田と成田を発着する便を中心に72便が欠航します。

(11日 正午時点)

引用元:NHK News WEB

飛行機に乗る予定のある方は早めにチケットの払い戻し方法や運行状況の確認をしてください。

運行状況などこちらをご利用ください。

 

2019台風18号ミートクたまご進路予想!日本上陸や交通機関への影響は?米軍・気象庁・気象協会の予報

2019年10月3日、台風18号ミートクは温帯低気圧に変わりました。 台風の名前はあらかじめ140個準備されていて発生した順にその名前がついていき、次の台風は18号「ミートク」です。 台風の名前の付け ...

続きを見る

気象庁レーダーナウキャスト・降水短時間予報は15時間先まで!大雨・台風対策に・アプリも

突然の大雨や台風がやってくる夏、冬には降雪など、忙しい日本の空。 大事なのが天気予報や降水予報です。あらかじめ何時にどれくらい降るのかわかってたいところ。 気象庁からは詳しく各地域の降水量の予測を見れ ...

続きを見る

-空模様の日々
-

Copyright© クリーム色の日々 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.